トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:「正法眼蔵」のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 行持(上) 35

    法演禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。銘記せよ。黄帝が政治を執った合宮も、蕘や舜が政治を執った総章も、いずれも屋根を草で葺いていたのである。現に黄帝や蕘や舜と我々とを比較するならば、天と地以上の隔たりがあって比較の対象にはならない。それにもかかわらず、屋根を草で葺いたような建物で政治を執っていた。この様な僧侶でない人々でさえ、草で屋根を葺いた粗末な家屋に居住している。どうして出家した僧侶...

  • 正法眼蔵 行持(上) 34

    法演禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。ましてこの日本国においては、国王や大臣の宮殿でさえ決して立派な家屋があるわけではない。わずかにきわめて粗末な白屋である。まして世間を離れ僧侶となり仏道修行をしている人の住まいが、どうして色を塗りたてた贅沢な住まいであるという事がありえよう。もし僧侶でありながら立派な家に住んでいるという事は、その収入を得る手段が間違っているからに違いない。生活の手段が...

  • 正法眼蔵 行持(上) 33

    五祖山の法演禅師があるとき人々に説示して言われた。  およそ人間の行動というものは、その人の思想の範囲を出るものではなく、人間の思想というものは、その人の行動の範囲を出るものではない。※西嶋先生解説この言葉は思想というものと行いというものとの関係を述べているわけであります。思想というのは頭の中で考えたこと。人間は、頭で考えた事と自分のやる事はだいたい一致するもんだという錯覚に陥りがちであります。し...

  • 正法眼蔵 行持(上) 32

    五祖山の法演禅師の話は続きます。そして翌日、楊岐方会禅師は法堂における正式の説法を行って沢山の人々に説いて言われた。「自分が初めて楊岐山に住むようになった時は、家も壁も隙間だらけで、坐禅堂の床がすっかり雪で埋まってしまい、首を縮めて心密かにため息をつく状態であった。しかし思い返してみるならば、仏道修行の先輩方はいずれも木の下に住まい修行を続けたと語り伝えられている。壊れたとはいえ、家の中に住めると...

  • 正法眼蔵 行持(上) 31

    五祖山の法演禅師が言われた。わが師匠の師匠にあたる楊岐方会禅師が住職として初めて楊岐山に住まわれた時、年経た建物の垂木までが傷んでいて雨や風による被害は甚だしかった。ちょうどその時は冬の寒い時期であったが、建物はどこも大変傷んでいた。その中でも坐禅堂は特に破損しており雪や霰が床いっぱいになっていて、坐る場所を見つけるのも難しいほどであった。眉が伸びた高齢の僧侶も床に吹き込んだ雪を掃き出さなければな...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-