FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:11・有時のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 有時 12

    道元禅師の説示は続きます。この宇宙は不動、不転と言うわけではなく常時変化している。 進歩がないわけではない。また退歩がないわけではない。 人間の智慧で決めつけて言い尽きるものではない。 無限の内容を具えているものではあるけれども、共通して言える事は、それはまさに経歴(瞬間瞬間に移り変わっていく)するのである。 この経歴とは、たとえば春にたとえる事が出来る。 春になると花が咲く、鳥が鳴く、魚が泳ぎだすと言...

  • 正法眼蔵 有時 11

    道元禅師の説示に入る前に西嶋先生の話です。――この前々からやっておる「有時」の巻と言うのは「有」と言うのは存在ということ、我々の世界ということ。その現実の世界における時間、それが「有時」。だから「有時」と言うのは現実の時間ということ、存在に関連した時間と言う意味です。道元禅師がなぜ「有時」ということを言われたかと言うと、我々は時間というものを、過去から現在、未来と、細い棒のようにず-っとつながってい...

  • 正法眼蔵 有時 10

    薬山惟儼禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。うかうかと時間を過ごしてしまうその前後というものも、すべて現実の時間の実際のあり方に他ならない。またこの世の中の当然あるべき姿に安住して、自分の実人生をしっかりと活き活きと生きていく境地にあるということも時間においてである。人生というものは、抽象的に存在しないと生半可に考える事も出来ないし、また絶対の実在だと決めつける事も出来ない。一般に時間はた...

  • 正法眼蔵 有時 9

    薬山惟儼禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)で時間を表すことがある。午とか未とかと言う時刻を実在させるところのものも、法(宇宙秩序)の中に厳然と座を占めた恁麼((言い難き何物か)の昇降であり上下である。未の刻になったり、午の刻になったりということが繰り返し繰り返し行われているに過ぎない。子の時刻も時間である。寅の時刻も時間である。人々も生き...

  • 正法眼蔵 有時 8

    薬山惟儼禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。時間には経歴(過ぎ去る)という性質がある。ただその過ぎ去り方とは、昨日から明日にという普通の常識的な経歴の仕方もあると同時に、今日から昨日に時間が移るということもある。自由自在に過去から未来に、未来から過去にという往復の時間の相互関係がある。時間がそのままつまらない理屈を超越して現に今日があり、明日があると言う事である。元来経歴は時間の持つ性質であ...

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
夫婦で店を始めて43年。生活=仕事。毎日朝晩自宅で坐禅をし、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」を授かりました。     

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

FC2カウンタ-