FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:7・洗浄のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 洗浄 3

    「洗浄」の巻、本文に入ります。仏教界において真実を体得された諸先輩が守ってこられたところの修行であり体験であるところのものがある。それは不染汙(汚れなし)と言うことの一語に尽きる。仏教界の先輩である中国における六代目の大鑑慧能禅師と、後継者の南嶽懐譲禅師が「仏道の中心は不染汙」であると言っておられる問答がある。大鑑慧能禅師が弟子の南嶽懐譲禅師に問う修証(修行と体験)とかと言うものの、ご厄介になることが...

  • 正法眼蔵 洗浄 2

    「洗浄」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話は続きます。我々の卑近な日常生活を取ってみても、戦前と戦後では日本の、あるいは都市における手洗いの清潔か、不潔かと言う点では雲泥の差がある。年齢の若い方はそういう風なものを実際に見たことがないかも知らんけれども、我々の子供の頃は日本の家庭の手洗いと言うのは実に不潔なものだった、だいたい大きな穴が開いておって、下をのぞくとあまりきれいでないものが見える。匂いも...

  • 正法眼蔵 洗浄 1

    「洗浄」の巻、本文に入る前に西嶋先生の話です。「洗浄」の巻は、主としてどういうことが書いてあるかと言うと、手や足の爪を切れ、ということも書いてあると同時に、手洗いに行っての作法が書いてある。普通、宗教と言うと非常に高貴なもので、日常生活(ご飯を食べたり、手洗いに行ったり)ということは宗教と無関係と言う考え方が多い。ただ仏道と言うのは、人間が何をするかということを中心にした思想であるから、ご飯を食べる...

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
夫婦で店を始めて43年。生活=仕事。毎日朝晩自宅で坐禅をし、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」を授かりました。     

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

FC2カウンタ-