トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:27・坐禅箴のエントリー一覧

  • 正法眼蔵 坐禅箴 45

    宏智正覚禅師が書かれた「坐禅箴」について道元禅師の注釈は続きます。また坐禅の境地を譬えて言うならば、空が広くてこれという限界がないような状態であり、遠い空を悠々と鳥が飛んでいるような状態である。この場合の「空が広い」というのは、我々が住んでいる現実の空というものを言っているわけではない。我々の普段見ている空というものは、いくら広いといっても無限の広さを持ったものではない。まして、あそこ、ここという...

  • 正法眼蔵 坐禅箴 44

    宏智正覚禅師が書かれた「坐禅箴」について道元禅師の注釈は続きます。坐禅の中身は、結局その岸の上に立って測量する足場になる様な岸というものがあるわけではない。またそういう無限の世界というものが中に浮かんでいるような空間というものもない。そういう膨大な世界というものが下に沈んでいって底に行き着くという事でもない。坐禅の中身は一体どんなものだろうと考えてみる人もいない。※西嶋先生解説坐禅というのはこうい...

  • 正法眼蔵 坐禅箴 43

    宏智正覚禅師が書かれた「坐禅箴」について道元禅師の注釈は続きます。たとえば、川の底の砂や小石がすっかり見えるほど水が澄んでいる小川で魚が悠々と泳いでいる、そういう状態が坐禅の中身である。坐禅の形容としての水がきれいだという事の意味は、この世における水というものはそう徹底してきれいなものではない。何が徹底してきれいかと言えば、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして坐っている時の我々そのものが、徹底してき...

  • 正法眼蔵 坐禅箴 42

    宏智正覚禅師の書かれた「坐禅箴」について道元禅師の注釈は続きます。何らかの言葉の中に規則を見つけ出して、それに従って一所懸命行動してはならない、これらの形容は坐禅における自分自身で自分を照らしている坐禅の境地を言っているのである。坐禅の中身と言うものは、主観と客観という二つの対立関係ではない。二つのものに分かれていないから、どちらがよくてどちらが悪いというふうな選択はない。そしてこの様な事態を渾然...

  • 正法眼蔵 坐禅箴 41

    宏智正覚禅師が書かれた「坐禅箴」について道元禅師の注釈は続きます。坐禅をして自分自身を照らしていたというその状態というものは、ああしたい、こうしたいと言う特別の作為はなかったけれども、それがきわめて素晴らしいものである。何か中身があって「アッ、これが坐禅だ」と言うものが感じられるかと言うと、きわめて僅かな動揺の兆しというものも表れてはこない。ただ坐っているだけである。この場合のきわめて僅かとは宇宙...

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

仏向上事の巻に入りました。 仏(真実を得た人)とは、真実を得た後もさらにその事を意識せず日々向上の努力を続けている生きた人間の事である。そしてこのように真実を得た後も日々向上に努力して行く人のことを仏向上人と言い、その様な努力の事態を仏向上ノ事と言う。道元禅師が諸先輩の言葉を引用しながら説かれます。

カテゴリ

FC2カウンタ-