トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

坐禅と不眠症  

坐禅をやると、規則正しい生活が自分で気が付かないうちに習慣になり、眠る時間も毎日おなじ時間になると、布団に入ると同時に体内時計が眠りモ-ドになり、朝までぐっすりデス。坐禅を知らないころは、布団に入っても眠れず、薬を頼ったこともありました。眠るときにねむる方法は、起きているときには起きていることです。昼寝を毎日して、いい加減な昼間の生活をしていては、とても夜は眠れません。坐禅を毎日するということは、いい習慣が自然に身につき不眠症とはさよならです。


読んでいただきありがとうございます。


                            
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-