トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

永平道元禅師

-道元禅師略歴- 
誕生
紀元1200年(鎌倉時代)
父親は当時の内大臣久我通親、母親は藤原基房の娘で正妻ではなかった。当時の社会事情は、正妻でないと非常に卑屈な境涯に置かれた。したがって道元禅師の生い立ちも、必ずしもそう恵まれた境遇ではなかった。しかも三歳の時に父親が亡くなり、八歳の時に母親が亡くなった事で、小さい時から孤独の境涯にさらされた。道元禅師は小さい時から秀才であり、四歳で中国の難しい詩の本を読んだと言われている。

13才
仏教が知りたいと、比叡山に上がられた。

14才
出家。比叡山で一所懸命修業された。ところが道元禅師は比叡山での勉強の間に疑問を持った。それはどういう事かというと、当時の比叡山はもちろん天台宗の山であるから、天台宗の教理というものが中心になっていた。その天台宗の教理の中に「人間は本来非常に優れた素質を持っている、非常に優れた体を持っている」という教えがある。道元禅師はこの教えを聞いて、そういうふうに人間が結構なものであるならば、なぜわざわざ修行をする必要があるのかと疑問を持った。

そこで比叡山の偉い僧侶のところへ行っては、その質問をしたけれどもその質問に満足に答えをくれる僧侶はいなかった。なぜいなかったかというと、比叡山では当時は学問としては一所懸命に仏教を勉強していたけれども、それは文字の上だけ意味だけの問題として勉強していた。だから、道元禅師のように、自分の日常生活に引き比べて、なぜ修行が必要なんでしょうかという疑問に対しては、あまり検討していなかった。そのことが原因になって、比叡山を降りて建仁寺の栄西禅師を訪ねて、栄西禅師が亡くなってからは、その弟子の明全という方のところで修行した。

24才
日本では、十分に仏教が勉強できないと中国に渡る。中国では天童如浄禅師にお会いして、仏道の真髄を把まれた。

28才
帰国。京都において何年か布教し、そのころから「正法眼蔵」を書き始める。
   
43才
永平寺にて、真実の仏法を受け継ぐ後継者の育成に力を注がれた。

54才
京都にて入寂

※西嶋先生の解説。
道元禅師が中国から帰って来られて、どういう事を感じておられたかと言いますと「空手還郷」という事を言われた訳です。「空手」と言うのは、文字どおり空手という事、手ぶらという事です。「還郷」とは、故郷に帰るという事です。日本に何も持たずに帰って来た、と言う事を非常に強く言っておられたわけであります。それはどういう意味かと言うと、道元禅師より前の時代に中国に渡って仏教を勉強して帰って来た僧侶たちが沢山いた訳であります。

たとえば平安朝の初めには、伝教大師と言われた最澄、弘法大師と言われた空海が、中国に渡ってそれぞれ仏教を勉強して帰って来た訳であります。日本にまだなかった仏教経典を、沢山持って帰って来ておられる訳です。それに対して、道元禅師は「自分は経典という様なものは、何も持たずに帰って来た」と言う事で「空手還郷」と言われた訳です。さらに「強いて何を持って帰って来たかと聞かれたならば、柔軟心と答えるであろう」と言っておられる。「柔軟心」とは、文字どおり柔らかい心です。どんな状況にも変化の出来る、弾力に富んだ気持ちと言う事が「柔軟心」の意味です。「中国から何を持って帰って来たかと聞かれたならば、柔軟心と答えるであろう」と、そう言う感想を述べられている訳であります。
 
この「空手還郷」とか「柔軟心」という言葉は、なかなか普通の僧侶では言えないと思う。もっと偉そうな事を言う。普通の人では持って来れない様なものを持ってきて「自分はこういうものを持って来た」と言うだろうと想像できる訳であります。道元禅師だからこそ「柔軟心を持って帰ってきた」と言えたことであって、普通の方ではこういう感想はなかなか出てこないという事がいえようかと思います。



読んでいただきありがとうございます。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

仏向上事の巻に入りました。 仏(真実を得た人)とは、真実を得た後もさらにその事を意識せず日々向上の努力を続けている生きた人間の事である。そしてこのように真実を得た後も日々向上に努力して行く人のことを仏向上人と言い、その様な努力の事態を仏向上ノ事と言う。道元禅師が諸先輩の言葉を引用しながら説かれます。

カテゴリ

FC2カウンタ-