FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 洗面 2

「洗面」の巻、本文に入ります。

「法華経案楽行品」に言う。
油を体に塗ったり、塵や汚れというものを入浴して洗い清めて、新しく汚れていない衣服を身に着けるならば、心も体もともにきれいになる。

「法華経案楽行品」で言われている言葉について道元禅師が注釈されます。
このやり方というものは釈尊が「妙法蓮華経」を説いた教団において、四種類の安楽行を実際に実践している仏道修行者のために説明されたところである。釈尊がさまざまの教団でさまざまの説法をされているが、「法華経」以外の経典にでてくる教団において説かれている説とは異なり、「法華経」以外の経典が説いている説と同じはずがない。

この様に「法華経」の中に説かれているところから見るならば、体や心を洗い清めて、香りの高い油を体に塗り、塵や汚れをとり除くことが釈尊の説かれた最高の教えである。そしてまた、新しく汚れのついていない衣服を着ることが、一つの非常に清らかな修行法である。塵やけがれを洗い清めて、香りの高い油を身に塗ることによって、心も体も共に清らかになるであろう。そして心も体も共に清らかになった際には、周囲の環境も人間自身も共に清らかな状態になることが出来る。

ところが、釈尊の説かれた教えをまだ聞いておらず、仏道に参加して釈尊の説かれた真実というものを実際に自分で体験したことのない愚かな人々が言うには「入浴して体をきれいにするという事は、ただ体の表面だけをきれいにするという事にはなるけれども、体の中には五臓六腑があり、この様な五臓六腑を一つ一つ取り出して洗うのでなければ本当の意味できれいにはならない。したがって無理に入浴して体の表面を洗う必要はない」と。

この様な主張をする人々は、釈尊の説かれた教えが一体どういうものかという事がまだわかっていないし、その様な教えを聞いたことがなく、正しい師匠に出会ったことがなく、釈尊の弟子や釈尊の系統を引く孫弟子という立場の人々に出会ったことがないのである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
いるかにすれば、仏祖の心と私の心が一緒になれるのでしょうか。やはりそれは坐禅とか、そういったものによってのみ・・・

先生
そう。それはあせって努力しても到底出来る事ではない。だから、お釈迦さんの体の格好と同じ格好をする事が最大の決め手だ、と言う事が仏道の信仰です。坐禅をなぜするかといえば、足の格好・手の格好・体の背骨の格好も全部お釈迦さんと同じ格好にする。そうすると否でも応でもお釈迦様と同じ気持ちになる、とそういう考え方です。

質問
仏道では犠牲という事はどう考えているんですか。

先生
犠牲と言う事は仏道ではあまり好まない。自分をなくす、自分を無理すると言う事はあまり現実にはない、という考え方が強いです。世の中と言うのはそういう形に出来ていない。自分を減却して人のために生きると言う事が、現実の生活の中で果たしてあるかどうかという考え方が仏教の中にあります。

だから、自分のために一所懸命やっているようでも、人のためになっている事もあるし、人のために一所懸命になって、自分の事は全然顧みていない様でも、長い目で見ると自分のためになっていると言うのが現実のあり方だ、というのが仏教のとらえ方です。犠牲とは自分と他人を二つに分けて、自分を0にして、相手を100にするという考え方があります。しかし、そんな考え方があるかどうか、という疑問は仏教の思想の中にはありますね。


ご訪問ありがとうございます。

ポチットご協力を・・・

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

フリーエリア

ご訪問ありがとうございます。 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
夫婦で店を始めて43年。生活=仕事。毎日朝晩自宅で坐禅をし、愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで紹介しています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」平成20年「嗣書」を授かりました。     

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

FC2カウンタ-