FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 諸法実相 3

法華経方便品において釈尊が言われた。

仏(真実を得た人)と仏(真実を得た人)だけが、諸法実相(我々の眼の前に展開されている諸々の実在がまさに真実の姿を示していると言う事態)を究め尽くす事が出来る。言うところの諸々の実在と言うものは、眼の前の姿であり、眼の前に現れているところの本質であり、眼の前に現れているところの物体であり、眼の前に現れているところの力(エネルギ-)である。

言うところの諸々の実在と言うものは、眼の前に現れているところの機能であり、眼の前に現れているところの直接原因であり、眼の前に現れているところの間接原因であり、眼の前に現れているところの直接結果であり、眼の前に現れているところの間接結果であり、現に我々の眼前に展開されているこの世の中の一切のものが、非常に落ち着いた状態で究極の姿を示している。


法華経方便品の中の釈尊の言葉について道元禅師が注釈されます。
釈尊が「現に我々の眼前に展開されているこの世の中の一切のものが、非常に落ち着いた状態で究極の姿を示している」と言われたけれども、この言葉は、我々が住んでいる宇宙が真実の姿を示していると言う事実を、その事実そのものが自分自身で表現した言葉である。 宇宙が自分自身を表現した言葉であるし、またその宇宙の中で一所懸命生きている我々自身が表現した言葉でもある。

つまり環境が表現した「諸法実相」と言う事実の表現でもあるし、また宇宙の中に生きている人間が「諸法実相」とは何かと言う事を表現した言葉でもある。その点では、その周囲の環境とその中において生きている自分自身とが全く同じ状態で仏道を勉強している姿である。したがって宇宙も勉強しているし、その中の個々の人々も仏道を勉強している。

この様に仏道を勉強していると言う事は、その中に生きている仏道修行者も、それを取り巻いている宇宙全体も、全く同じ様に仏道修行をしているのであるから、真実を得られた方々や宇宙の中で一所懸命仏道修行をしている人々と、諸法実相とは別のものではない。仏道修行の立場からするならば、宇宙の中で一所懸命日常生活に努力している人々と、宇宙そのものの動きと言うものとは全く一つのものである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
しつかりしていれば大変素晴しい世の中だと言う事ですけど、ボヤボヤしているとやっぱりボヤボヤした世の中にしかならないわけですね。それでいてもやはりそれも法の世界である「実相」の世界であると。そこでいつも私はあまのじゃく的な考え方で「いや、俺はこれでいいんだ」と言うと、ふてくされになってしまうわけですね。その歯止めというのがやはり先生がいつも言っている坐禅をやるかやらないかと言う事でしかないと言う事なんですか。

先生
そう言う事です。だから坐禅を抜きにすると仏教も何もなくなっちゃうんですよ。何がなんだかわけがわからなくなる。坐禅と言う基準があるから初めて多少ものが見えると言うだけのことです。私自身でもそうです。坐禅をやらなかったら大きな声でものが言えないわけですよ。これはもう極めて惨めな境遇になってしまって、控え目になって「もうどうせ駄目なんですから」という事でお辞儀ばかりしていると言う事になる。

質問
もう一つ。坐禅というものも、これは自分だけかも分からないけど、非常に調子のいい時と非常に調子の悪い時がありますね、その時も「うん、それも坐禅だよ」って先生はいつかおっしゃられたんですけれども、それは困るんですね。それでもやっぱりしょうがないですか。

先生
それはもう宇宙と言うのは波立っているから、波の高い時もあれば波が低い時もあるわけです。だから人間は調子のいい時もあるし、調子の悪い時もあるし、一切を含めて法の中の出来事です。だから調子のいい時だけが法の世界の出来事で、調子の悪い時は法の外側の出来事だと言うような事はない。法の世界に一切が入っているわけだから。 


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


            
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。69歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-