FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 説心説性 14

道元禅師の「説心説性」に関する注釈は続きます。

本質と言ってみても、本質というものが抽象的にこの世の中に存在するのではなくて、本質と言うものは、説くと言う動きや発揮すると言う動きと共にあるのである。物事を説く場合にも、それが常に本質と言うものに触れていると言う事が実態である。精神(心)というものを取り上げてみても、それを物事が説く、発揮するという動的な動きと関係していない場合は決してない。

仏性(仏としての性質)というものを考えてみても、それはこの世の中の全てのものが何かを発揮している、何かを表している、何かを説いていると言う事に他ならないのであるし、また無と言う言葉で仏としての性質を表わしてみても、その様な「無」と言う言葉で表される仏としての性質もまた、この世の中における全てのものが何かを表現しているという実態と別のものではない。

仏性というものが本質と関係ある事までわかったとしてもそれをさらに掘り下げて、仏性があるとかないとかというふうな様々の角度から勉強してみない限り、本当の意味で釈尊が説かれた真実というものを学んだことにはならないし、その真実と同じ境地に到達したことにはならない。

有仏性(この世の一切のものが仏としての性質を持っている)や無仏性(この世の一切のものが仏としての性質と言う抽象的なもので表現できる様なものは何もない)など、様々な角度から仏性と言うものを勉強してみない限り、釈尊の教えを本当の意味で勉強した事にならず、釈尊と同じ境地に到達したと言う事にはならない。何らかの動きがあって、何らかのものが発揮されている事が本質の中身であると言う事を学んだ人が、すなわち真実を得た方々の正統な後継者であると言う事が言えるのである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
「幸いに護身の方有り」と言うのは坐禅の事を指していると言うお話でしたが、私はまさに坐禅は護身の方だと思っています。ご老師の「受戒」の書とお写真は床の間の文箱に入れておきまして、何かある時は本当に力強いです。

先生
ありがとうございます。私自身も坐禅がなかったらどういう状況になっているか、ぜんぜん自分で自信がありませんね。坐禅をやっているから、何となく人並みの事がやれているだけの事です。私から坐禅を取ったら、どんな馬鹿げた事をして、どういう状況になるか全く自信がないですね。

質問
先生は坐禅をやっているお陰で世間並みにとおっしゃったけれども、世間の人は坐禅をしないわけですから、世間の人とちょっと違う生き方ですよ。精神的に強くないとちょっと難しいんではないですか。

先生
うん。それと同時に、人間が近代化されているかどうかがかなり大事な問題なんです。それは人間が自分の意思で自由に生きる様になって初めて、一人前の近代人ですよ。周囲の状況を眺めながら、自分の生き方を持っておらないと言う事は近代人ではないと言う事です。だけど、こういう考え方が日本の社会では非常に少ない。大抵の人が傍を見ながら、他の人の真似をする事が本来の人間の生き方だと考えているけれども、そんな奴隷的な生き方というのは人間の恥辱ですよ、私に言わせれば。
    
釈尊が「天上天下唯我独尊」と言われたのは、各人が自主性を持って生きる義務があると言う事なんですよ。今日の日本の社会の通念がどの程度正しいかどうかと言う点では、私は大変疑問を持っています。そうかと言って、各人が独立独歩で生きた場合に、社会が収まらなくなるだろうと言う問題も同時に生まれきてますけれども。そこで人間がどの程度信頼できるかと言う問題なんですよ。
    
人間にやりたい放題にやらせた時に、社会の秩序を踏み外して、社会をムチャクチャにしてしまうかと言うと、それ程人間が馬鹿かどうかと言う問題がある訳です。人間を尊重する考え方が、世界の歴史の中でだんだん強まりつつあります。各人が自分の人格を認めて「俺の意思はこれだ」と言う事で、独自の判断で独自の行動をとると言う事が人間の義務ですよ。少なくともカント哲学あたりからは、そういう思想が発達している訳です。


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


    
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。69歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-