FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 空華 12

釈尊が言われた。
眼にかげりのある人が空間に存在するところの現象を眺めている場合に、眼のかげりというものがなくなった場合には、現象と言うものが現象ではなくて実在のものとしての意味を持ってくる。

釈尊の言葉について道元禅師が注釈されます。
釈尊が言われたこの言葉について、その意味を理解している仏教学者をいまだかつて聞いた例がない。
今日までの仏道修行者は空間が一体どういうものかという事がはっきりしないために、空間に存在する現象がどう言うものかと言う事もはっきりとはわかっていない。

この空間に存在する様々な現象と言うものが実質的に何かという事がわかっていないから眼にかげりのある人とは、どの様な人であるかと言う事を知らず、眼にかげりのある人を見た事もなく、眼にかげりのある人に会った事もなく、まして自分自身が眼にかげりのある人だと言う事を自覚していないのである。眼にかげりのある人とは、我々の周囲に存在する事物と言うものが実は存在しないもかもしれないと言う考え方の出来る人である。

我々はその様な考え方の出来る人に出会って、空間に存在する現象が何かと言う事を知り、空間に存在する現象と言うものを自分の眼で見る事をやってみるべきである。空間に存在する現象を自分の眼で見る事によって、さらにその現象が現象ではなくなる時点、つまり現象が空間において消滅するという事態も経験してみるべきである。

花が空間において滅するということは、現象というものが消滅してありのままの実在というものが見えて来るという事である。この「空華」と言う言葉を通して、この世の中の現象というものはないのかもしれないと理解した場合に、その様な現象が一切なくなってしまい何もかもない空白の世界に自分が住む様になると考えるならば、それは小乗仏教徒の考え方と言わざるを得ない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
先生は東大を出てお友達の方は第一線でやっておられて、先生はそうなれるのにならないで、「正法眼蔵」に心身ともにぶち込んじゃって。経済的にもパ-になるぐらいぶち込んじゃって、それぐらいの覚悟でやってて現在も元気でやってらっしゃるんですからね。まあ普通の人間だったら中々できないですよ。

先生
そんなことはない。(笑)

質問
先生はよく100%主義と言いますけど無理な要求じゃないですか。100%なんていう事はすこ-し超人とは言いませんけれども、非人間的な考え方だという・・・。

先生
ただ学校の入学試験なんていうのは人間が作った障害で、越えようと越えまいとどっちでもいいんですよ。各人には各人の人生があって、各人の人生目的を達成したという事が各人にとっての最大の幸福ですよ。社会関係の中で我が身を殺して一所懸命社会機構の中で順応して生きている人がたくさんいますが、そういう方は「この我慢をしなければ自分は社会的地位を失う」ということで一所懸命に涙ぐましい努力をしておられるわけですけど、私はああいう努力はしたいとは思わない。自分を捨てることですよ。

だから社会的な地位が高いとか経済的に恵まれておると言う様な事はきわめて小さいことで、自分自身がやりたいと思う事が出来るかどうか、生きたいと思う人生が生きられるかどうか、それが人生の最高の目標ですよ、――と私は思う。これは決して私がやせ我慢してそういうことを無理に言っているわけではないんであって(笑)、私は腹の底からそう思う。だから各人が各人の与えられた立場で一所懸命やれば、それはもう最高の人生だ、それ以外に最高の人生はないという見方です。だから私はこういう形で「坐禅と正法眼蔵の会」をやらしていただいていることが最高の喜びです。

質問
ですから、そういう心境になられることは決断力もさることながら、ある意味においては幸せだと思いますが、私はなれないから、まだ娑婆っ気があって。

先生
うん、それと同時に私がいかにバカであるかという事ですよ。
私の僧侶としての名前は「愚道(愚かな道)と書くんですけど(笑)、私は腹の底から愚かな人間だと思っているから、そういう名前を付けたわけで、そのことは私自身がいかにバカであるかという事ですよ。世間はわりあい利口な人が多くて、バカな人が割合少ないという事を意味していることでもあると思います。

だからバカな人が少ないという点では確かに変わり者だと言えることになるかもしれないけれども(笑)、それは単にこの世の中にバカな人間が少ないというだけのことであってね。皆さん利口だから苦労するんです。利口でないと苦労がなくなっちゃうんです。(笑)これはほんとにそうです。皆さん利口だから苦労が多いんです――と思いますけど。

                          つづく--


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。69歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-