FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 空華 11

同安常察禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

仏教界において真実を得られた諸先輩が唱えている「瞖眼空華」と言う考え方は、凡夫や仏教を信じない人々の捉え方と同じではない。仏教界における諸先輩方は、先に述べた三界・六道・有仏性・無仏性と言う仏教上の理論を実際に実践する事によってお袈裟を得、説法の座を与えられ、住職としての地位を与えられるのである。真実を得、仏道修行の成果を得るのである。

※西嶋先生解説
これらはいずれも一般には空だと考えられている、実在するものではなくて架空のものだと考えられている仏道の理論を実践することによって得られる結果である。したがって一般の人々が考える様に「空華」というものは本来存在しないものであるから、それが存在しないという事がわかることが仏道における本当の理解だというふうに考えることは正しくないという事を言われているわけであります。

本文に戻ります。
拈華――釈尊が1本の花を取り上げてそれをひねりながら摩訶迦葉尊者に向かって目ばたきをされ、それに対して瞬目――摩訶迦葉尊者がにっこりと微笑されたのも、仏教理論があればこそ「拈華」「瞬目」というふうな仏道の開花というものが現実の姿を現してきたのである。

坐禅が今日に至るまで正しく伝承されたその根拠を考えてみるならば、仏教理論(瞖眼空華)というものがあり、その仏教理論に基づいて坐禅をすべきだと言う捉え方があったからこそ、今日まで正法眼蔵涅槃妙心(釈尊の説かれた眼目の存在する、非常に静かな言葉では表現する事の出来ない素晴しい心境)が断絶しないで伝わって来たのである。

仏道修行には、菩提(真実)・涅槃(非常に静かな境地)・法身(実在の世界)・自性(実在の世界の中の本質)と言う様な理論があり実体があるけれども、それらのものはいずれも「空華」――抽象的な論議の花が咲いて、その花びらの二枚、三枚と言う様なものが菩提であり、涅槃であり、法身であり、自性である。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
先生はもう長い間坐禅をやっているから坐禅が楽しみになっているけども、私はまだ楽しんで坐禅するなんて気持ちになれません。難しい問題の解決の時に「じゃ一つ坐禅でもしてみようかな」という気が起こるのは、逆に先生から言えばいいことかもしれませんけど、私自身としては危険なところへ引きずりこまれるという、そういうようなことで少し首をひねっているんですがね。

先生
問題を感じた時とか、不安だとか、悩みがある時というのは坐禅をすることが一番いいんです。

質問
いや、それは先生なら・・・。我々はそれに努力が要ります。

先生
うん、それでね、坐禅というのはやっぱり努力がいるもんですよ。「いやだなぁ」と思っても、目をつぶってやるという性格があります。だから坐禅というのは楽しいものであるけれども、やっぱりやるためには我慢して頑張るという面がどうしてもあります。

質問
先生、坐禅は本当に素晴らしいと思いますよ。素晴らしいと思うんですけれども、それはそれでまだ私は「正法眼蔵」の言葉の方で素晴らしいものをすごく吸収しちゃってるという感じで、味わっているという感じが私はすごくあるんですね。だから先生が「坐禅、坐禅」とおっしゃるのは当然ですけど、この「正法眼蔵」のこともおっしゃっていただきたいと思います。

先生
うん、そう。だからその点ではね、「行解相応」という言葉があって、行いと学問と両方具わっていることが仏道修行の目標だと、こういう考え方がありますけれども、まさにその通りです。だから「正法眼蔵」を読むことも非常に意味のあることです。これはまさにその通り。なぜ意味があるかというと坐禅の中身が書いてあるからです。

もう始めから終わりまで坐禅とは何か、という事が書いてあるとみていいほど「正法眼蔵」の中身というものは、坐禅の中身と一つのものだという事が言えると思います。で、我々は文字を使ったり、頭を使ったりして問題を考えるという事も好きなんですよ。だから「坐禅だけやっておれ」と言っても中々そうはいかないし、また坐禅だけやっていると、中身がわからないからすぐ脇道へそれていっちゃうという心配はあるんです。そういう点では「正法眼蔵」を読むことも大事だし、坐禅をすることも大事だと、両方大事だという事はまさに言えます。


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。69歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-