トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

坐禅と釈尊

              ―大石は水に浮かず-

ある時、釈尊はナ-ランダ-なるパ-ヴァリカンバ林にいた。
その時、アシバンダカプッタなる部落の長が釈尊を訪ねて来て、釈尊を拝して質問した。
 
部落の長問う。 
西の方から来たバラモンは、水瓶を持ち、花環をつけ、水に浴し、火神に仕え、祈祷、合掌の力によって人を救う事が出来るそうですが本当でしょうか? 

釈尊言う
部落の長よ。    
例えばここに一人の人があって、深い湖の中に大きな石を投じたとするがよい。
その時、大勢の人々が集まり来たって「大石よ浮かんで来い、浮かび上がって陸に上れ」と祈祷し、合掌して、湖の周りを回ったら汝はいかに思うか。
その大きな石は、大勢の人々の祈祷合掌の力によって、陸に上がるであろうか。
  
部落の長答える。 
いいえ、大きな石が浮かんできて、陸に上がるはずはありません。

釈尊言う
では部落の長よ、さらに汝はこのような場合にはいかに思うであろうか。
ここにまた一人の人があって、深き湖の水の中に、油の壷を投じたとするがよい。
そして壺は割れて、油は水の面に浮いたとするがよい。
その時、大勢の人々が集まり来て、「油よ沈め、油よ沈め、水の底に下れ」と言って、祈祷し、合掌して、湖の周りを回ったとするならば、その油は人々の合掌祈祷の力によって沈むであろうか。
  
部落の長答える。
いいえ、油が水の底に沈むはずはありません。

その様に釈尊が教えられた時、部落の長は釈尊に告して言った。
たとえば、倒れたるを起こすがごとく、覆われたるを啓くがごとく、迷えるものに道を示すがごとく、暗闇の中に燈火をもたらすがごとく、釈尊は種々の方便を持って、法を説き示された。
願わくは、今日より終世変わることなき帰依の信者として、私を許し受けられんことを。

                     南伝 相応部経典、42,6 西地人より

※私の独り言
私が釈尊の教えを勉強してみようと思ったのは、「大石は浮かず」と言う説話に出会った時です。
   

読んでいただきありがとうございます。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-