FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 都機 9

あるとき投子大同禅師に対して僧侶が質問した。

僧問う:月がまだ満月になっていな時点をどのようにお考えになりますか。禅師言う:個々の具体的な月が3つも4つも入っている。僧問う:それでは、満月になった時にはどうでございましょうか。禅師言う:具体的な月が、7つの例、8つの例というふうに沢山でてくる。

※西嶋先生解説
満月というのもたった一瞬の問題ではなくて、先月の満月とか、先々月の満月とか、来月の満月とかというふうに、具体的な月の現れ方は非常にたくさんあるわけであります。ですから7つとか8つとかというふうな僅かな数ではないわけでありますが、満月という月の一つの捉え方に関して言うならば、具体的には8つ、7つというふうな様々の姿がその「満月の月」という言葉から現れてくる。ここでは、具体的な個々のものと、それを一まとめにする抽象的な言葉との関係が月を例にして説かれていると見る事ができるわけであります。

投子大同禅師と僧侶の問答について道元禅師が注釈されます。
この問答で検討されているのは、まだ満月になっていない場合の月と満月になった後の月が問題にされている。この満月になっていない状態も満月になった後の状態も、それぞれ月の瞬間における状態に他ならない。月には具体的な例が3つ、4つと沢山あるけれども、そういう3つ、4つの例を共通の特徴で捉える言葉として「まだ満月になっていない状態」と言う捉え方がある。

それと同じ様に、月は満月になったのちの状態も7つ、8つと個々に具体的に存在するのであるが、その様な具体的な個々の例を一まとめにする言葉として「月が満月になったのち」と言う抽象的な一つの言葉がある。そして一つの抽象的な概念によって、個々の具体的な例が3つ、4つと月を一まとめにした言葉があればこそ「月がまだ満月になっていない状態」と言う具体的な現れ方があり得るのである。

「月がまだ満月になっていない状態」と言う言葉があるのは、個々の3つ、4つと言う具体的な月の例を呑み込んでまとめているからこそ「月がまだ満月になっていない時」と言う事が、具体的に言葉として現れるのである。「満月になったのち」と言う一つの言葉から具体的な7つ、8つの例が吐き出される時に「満月になったのち」と言う言葉が初めて具体的な言葉として我々の目の前に現れて来るのである。「満月になったのち」という言葉も、具体的にその様な月が7つ、8つとあって、言葉からそういう具体的なものが生まれて来るという事実があって初めて「満月になったあと」と言う言葉も実在する事が出来るのである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
私は先生のご本「仏教―第三の世界観」とか、「サラリ-マンのための坐禅入門」など拝読して、いろんな方の本を読んでみましたが先生のが一番よくわかるんです。とにかくそういう実感があるんですね。どうしてだろうかと考えて見ると、先生は宗教を職業としない、いわゆる経済界の人だからですか。

先生
まあ、私は社会生活(在家)が長かったですよね。私の本がよくわかるという事については、仏教そのものにそういう性格があると思います。つまり日常生活の事を取り上げて論議している訳ですから。その点では、我々が日常生活で誰でもが感じる事、考える事が仏教の教えとなって文字になっている訳ですよ。仏教の思想とは本来がそう言うものだと思います。だから「正法眼蔵」をずっと読んでみましても、道元禅師ご自身も自分の生活の中に出て来なかった事は言っておられないと思います。

つまり、昔中国の僧侶の人が書いた色々な本を読んだ訳ですけれども、その中から自分の生活の中で経験した事を引用して来て解説しておられる、そういう面があると思います。だからそう言う点では、仏教そのものが「日常生活をどうやって生きるか」と言う事に尽きるという面があると思います。


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


            
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-