FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 画餅 7

香厳智閑禅師の言われた「画にかいた餅は飢えを充たさず」について道元禅師の注釈は続きます。

画にかいた餅と言うものを考えて見た場合に、現に我々が目の前に見ているところの現実がつまり画いた餅いという見方もできるけれども、父母が生まれていない以前から続いているところの、言葉では表現できないところの何かというものも同時に持つている。

※西嶋先生解説
画にかいた餅と言うのは、普通常識的に考えれば実体とは関係ないと言う捉え方をする訳ですが、道元禅師は画にかいた餅と言えども現実の一部だと言う捉え方をされた訳です。ですから父、母が生まれていない時から、永遠の昔からずっと続いている本質的なものが画にかいた餅にもやはりあると言っておられる。

本文に戻ります
画にかいた餅は餅がなければ画にかいた餅はあり得ないし、現実の餅を考えて見るならば、現実の餅は米の粉を使ってつくるが、まさにその瞬間においては、それは人間が作ったから生まれて来たとか、それ以前からこの世の中の実在として存在するとかと言う事ではない。いま眼の前に現実の餅がある、いま眼の前に画にかかれた餅があると言う事でしかない。いま現に実体があるという事が我々の住んでいる世界の様子である。

過去から今日に未来にと様々な人々がこの問題を考えて、画にかいた餅や現実の餅が人間が作ったからこの世に現れて来たとか、それが時間が経つと同時にこの世の中から消えていくという捉え方をするけれども、その様な捉え方に影響されて、この画にかいた餅とか現実の餅というものを考えるべきではない。仏道の立場からいま現に目の前に画にかいた餅がある、現実の餅があるという捉え方をすべきである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
謹んでご教示を頂きたいんであります。私の知り合いのある大学の名誉教授が重体でありまして入院しているんですね。医者は坐禅なんて無理だと言うわけですね。本人が「正法眼蔵」のいいところを聞かせてくれと言われますからほっとくわけにはいきませんので・・・。さて「正法眼蔵」の何の巻を聞かせてあげたらいいかと言う事です。

先生
おそらく言葉の説明では問題の解決にならんと思います。言葉の説明では迷いが増えるばかりでね。だからどんな立派な事を言っても、中々納得のいくと言う事にはならないのではないかと言う心配がありますね。そう言う状態になったら、何かを教えようと言う事自体が酷いのかもしれないな。まあ、真実と言うものを教えてやると言う事も一つではありますけれどもね。我々がいま一所懸命やっているのは、そういう事のないためにやってるんですよ。正直言うと。

これは非常に残酷な言い方かもしれないけれども、我々が与えられた人生の中で一番やらなければならない事を今やっているだけの事でね。最終段階に来てから、まあ確かに偉い人だったら相手を救えるかもしれないけれども、現実の問題としては中々難しいという事はありうると思います。そこで、名文句があり、その人がスッカリ元気になって、安心が行くという事になりうるのかどうかね。

それはもう何十年と原因を積み重ねるわけですよ。で、原因を重ねた結果、現在があるわけだから、その現在に安住していくと言う事以外に生き方はない。生き死にの問題と言うのは実に難しいんですよ。だからそう言う問題を早めに解決しておくと言うために我々はやっている訳だからね。


ご訪問ありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-