トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 画餅 3

この様に仏道における理解というものは頭による理解ではないから、ほんの一つの具体的な事柄についてその意味が解ってしまった場合には、この世の一切の事についての理解がついてしまうと言われているのである。ほんのわずかな事柄についての理解がつくという事は、いま眼の前にある具体的な事物が持っている。外見や様子を否定するという理解の仕方ではない。またこの世の中の全てのものと対立させて、全体の上における一部という理解の仕方をする考え方でもない。

また個々の事物それぞれが絶対の存在であって、何物とも対峙していないと言う理解の仕方をする事でもない。また無理に頭の中で考えて、一切の事物が独自の存在であって対峙する何もないという考え方を無理にとるという事は、その個々の事物が独立独歩のものではなくて、何らかの形で他のものから障害を受けて相互に妨げ合っているという事情に他ならない。

物事を十分に理解するという事が物事を十分に理解するという事態を自己限定して如実に表れた場合に、ほんの一つの事について理解ができたという事がこの世の一切のものについて理解ができたという事でもある。一つの事が分かったという事はまさに具体的な個々の物についてわかったという事ではあるけれども、その様な形で個々の具体的なものについてわかったという事が、実は宇宙全体についてわかったという事に他ならない。

※西嶋先生解説 
ここの最後のところは、道元禅師が哲学的な「ものの考え方」においていかに優れていたかという事の具体的な証明になるわけであります。こう言う様々な立場からの論議というものは、今日の西洋哲学において初めて考える事が出来るようになったものの見方でありますが、道元禅師はて7、800年前にすでにこう言う考え方を綿密にやっておられた。

しかもそれが道元禅師の力量だけではなしに、釈尊以来代々の祖師方が仏道を勉強する場合には、必ずこの様な縦から横からの「ものの考え方」で、この世の真実を捉えてこられたという事が言えるわけであります。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
今日のところは、多面的にものを捉えるという事ですね、原始仏教の頃からそういう・・・。

先生
そういう事です。それはどういう事かと言うと、もっとも多面的なものの理解の仕方と言うのは坐禅の態度なんです。坐禅をしている時の態度は、頭の中でどう考える、こう考えると言う事でなしに、ジ-ッと坐ってすべてを照らしていると言う態度になるわけです。そういうすべてを照らす態度が、こういう理論的に言葉で表現するならば色々な角度から、何回も同じ事を説くという事につながるわけであります。

だから仏教の基本的な考え方と言うのは、常にそういう多面的な捉え方。その多面的な捉え方を原始仏教では四つの考え方(四諦)として説明しておられるという面があるわけです。ですから仏道というものを説く場合には、一面的な思想を説く限り仏道ではあり得ない。様々な角度から一つの問題を説いて初めて仏道というものが成り立つと、こういう事が言えると思います。 


読んでくださってありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


   
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名 幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-