FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 光明 15

雲門文偃禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

銘記せよ。
このように考えてくると、個々の人々が悉く持っている光明(輝かしさ)とは何かと言うならば、現に眼の前に生きているところの個々の人々の事である。それは光明によって保たれているところの個々の人々である。

そこで私(道元禅師)は雲門文偃禅師に質問してみたい。「お前さんは個々の人々という言葉を使っているけれども、個々の人々というのはいったいどういう意味なのか、また光明という言葉を使っているけれども、光明とは一体どういう意味なのか」と。雲門文偃禅師ご自身も「いったい光明があるということはどういうことか」と言う質問をされている。この雲門文偃禅師の質問は「光明とは何か」と言う質問であるが、それと同時に「光明とは何か」と言う質問を乗り越えて、現に眼の前に言葉では説明する事の出来ない光明が、この通りあるではないかと言う言葉でもある。

この様な雲門文偃禅師の質問に対して、説法を聞いている沢山の人々は何の返事もしなかった。ここで説法を聞いている沢山の人々が返事をしなかったからと言って、各人が返事が出来なかった訳ではない。ここで説法を聞いている沢山の人々には100、1000と言う多数の主張がそれぞれあったけれども、それぞれの主張を返事をしないという形で表現したのである。

だから聞いている質問の答えが出来なかったから黙っていた訳ではなくて、質問しない、返事をしないと言う形で質問に答えた。この様な返事の仕方、この様な真実の説き方というものが、釈尊以来代々の祖師方によって正しく伝承されて来たところの正しい宇宙の秩序の眼目、あるいはきわめて静かな言葉では表現することのできない心境というものである。



              ―西嶋先生の話―

道元禅師の思想を表す言葉として「只管打坐」と言う言葉がある。只管―ひたすら、打―何か動作をする、坐―坐るという意味でありますから、「只管打坐」というのは「ひたすら坐禅をする」と言う意味であります。

私なども若い頃は坐禅というものの意味がよくわからなかった時代があるわけであります。その当時は、仏教も一つの思想だから、本を読めばわかると思っていた。本を読んでわかるけれども、補助の手段として坐禅があると考えていた訳であります。ただ、どうも仏教と言う思想はそういう思想ではなしに、仏教書を読む事と坐禅をする事とどっちが大切かと言うと、坐禅をする事の方が大切であろうかと思います。

そう言う点では、我々は一所懸命「正法眼蔵」という本を読んでいる訳でありますが「正法眼蔵」を読む事と坐禅をする事とどっちが大切かと言うと、「正法眼蔵」の本を読むよりは坐禅をする事の方がなお大切と、こう言う問題があるわけであります。その事はどう言う事かと言うと、仏教思想の一つの基本的な考え方は、我々の体の状態と我々が考える事とは一致していると、そう言う考え方がある訳であります。

ですから坐禅をやっていると我々の体が正しい状態に置かれる。したがって我々の心も正しい状態に置かれる。そういう正しい状態の体、正しい状態の心と言うものを「仏」いうふうに言うわけであります。ですから仏教思想、釈尊の教えを理解したいと思うならば、我々の体の状態から変えていかなければならないという問題があるわけであります。したがって「正法眼蔵」を読む事と坐禅をやる事と、どちらが大切かと言うと坐禅をやる事の方が大切だ、とこう言う事が出て来るわけであります。

その事は坐禅をやる事によって体が変わってくると「正法眼蔵」の意味がハッキリしてくる。そして仏教の立場から理解する事が出来る。坐禅をやらないで「正法眼蔵」を読むと、「正法眼蔵」という本を仏教以外の立場で理解してしまう恐れがあると、こういう問題がある訳であります。
                         つづく--


読んでくださってありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-