FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 光明 6

長沙景岑禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

釈尊が説かれた光明(輝かしさ)と言うものは、我々の住んでいる宇宙全体の事である。一切の真実を得られた方々の事であり、一切の真実を得られた仏教界の先輩方の事である。仏になった人と仏になった人だけがわかる事である。

※西嶋先生解説
この事はどういうことを言っておられるかというと、坐禅というものを頭において問題を考えていくと理解が着くわけであります。つまり我々は日常生活でいろんな悩みがあるわけでありますが、そういう悩みを一所懸命大事に温めているうちは決して悩みから抜け出せない。ところが悩むのは嫌だと感じて、騙されたと思って坐禅でもしてみようと言う気持ちになって足を組み、手を組み、背骨を伸ばして坐っていると、悩みがどこかへ行ってしまう。なんであんなに気持ちが暗かったんだろうと不思議に思うくらいに気持ちの方が明るくなってしまう。

本文に戻ります。
その様な光明と言うものは、真実を得られた釈尊の光であると同時に、光という名前で呼ばれるところの真実である。真実を得た人々は真実を得た状態と言うものが、まさに光明であると理解して今日に至っているのである。その様な光明と言うものを自分自身の実際の行いによって実践し体験して真実を得た人となり、真実を得た人と言う状態で坐禅をし真実を得た境地と言うものを実際に体験するのである。

「法華経」の中でも、この釈尊の説かれた光というものが東方の18000と言う無数に存在する真実の世界と言うものを照らすと説かれた。これが言葉によって表されたところの光であり、この光とは釈尊が持っている光である。東方の場所を照らすとは、東方の場所が光り輝く事である。ここで東方と言っているのは、東西南北の通俗な差別観から見た東方の場所を意味するものはなく、具体的な場所が光り輝いているという事でしかない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
    --つづき

「正法眼蔵」がなぜこんなに難しいかと言うと、仏道の中身は一つしかないんだから、それを一所懸命説こうと思ったらこう言うふうに難しくなってしまったという事なんです。道元禅師が別に難しい事を言うのが好きであった訳ではない。仏道と言うものを言葉で表そうとすると、どうしてもこういう難しいものにしかならなかったという事に他ならないわけです。道元禅師の流れをくむ方でも、仏道の大衆化という事を考えて色々と信徒を増やされた方は沢山おられる訳です。

我々が「正法眼蔵」を読めると言う事が、仏道とは何かと言う事がわかる今日唯一の手がかりです。そう言う点から見ると、道元禅師が沢山の信徒を集めるためにもう少しやさしい本を書かれるよりも、難しい本ではあるけれども、本当の事が書いてある本の方が仏道を勉強する上においては絶対の価値がある。

この「正法眼蔵」がなければ、私自身は仏道と言うのは絶対にわからなかったと思う。仏道が曲がりなりにも分かる様な状況に立ち至ったと言うのは、まさにこの本があればこそです。この本がなかったら、私は仏道と言うのは絶対に解らなかったと思う。多少勉強してみたところで、あっちに迷い、こっちに迷い、結局何が何だかよく分からんうちに「ハイさようなら」と言う時期が来ただろうと思う。

その点では、この本の有り難さと言うものを私は非常に強く感ずるわけです。そういう点からしても、仏道を説く場合に中身を変えると言う事は出来ない。仏道の中身と言うのは、動かしようのないたった一つの理論があるだけで、その理論以外に仏道と言うものは絶対にありえないという事、この事は非常にはっきりしていると思う。その事を分からせていただいたのが、この「正法眼蔵」だと言う事に他ならない。



読んでくださってありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


     
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-