トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 栢樹子 14

趙州従諗禅師と僧侶の問答について道元禅師が注釈されます。

いまここで趙州禅師の言われた言葉を耳にして、この僧侶が質問したところを等閑にしてはならない。ここで趙州禅師が空間が地面に落ちる、柏樹子の木が仏になる時と言う言葉を使っておられるけれども、これらの言葉というものは、我々人間が普通の常識的な立場でものを考えた場合と様子が違う。

我々人間はふつう問題をすべて相対的に考えるけれども、ここで趙州禅師の言われたのは、宇宙の一部は変わったが一部は変わらないという事ではなしに、宇宙全体の様子がすべて変わる事を言っている。その事はどういう形で起こるかと言うと、我々自身の状態が変わるという事が宇宙全体が変わるという事に他ならない。つまり、我々が坐禅をするという事が、宇宙全体が坐禅をするという事と同じ事実でしかないという捉え方をしている。

この僧侶は柏樹子の性質について質問し、また仏としての性質について質問している。また仏になると言う事について質問し、その時はいつかというふうな問題について質問している。趙州禅師が空間が地面に落ちると言われたのに対して、その空間とは一体どういう意味か、あるいはその空間が地面に落ちるとはどういう意味かと言う事を質問しているのである。



          ―西嶋先生にある人が質問したー

質問
勿論こうして坐っていることも坐禅、マラソン選手がせっせと走っているのも禅、せっせと暇を惜しんで本を読んでいるのも禅だと思うんですが、これはいかがなもんでしょうね。

先生
その点では、運動競技までは坐禅と似た様な性質があるんですよね。ただ本を読むことだけで仏道修行になるかというと、これは難しいんですよ、正直言いますと。それはどういうことかというと、頭を使い過ぎている状態から離れるというのが坐禅の一つのねらいなわけです。だから頭を使う事によって同じ結果が得られることは難しいという事がある。

現代人の悩みというのは頭がよすぎるという事ですよ。だから自分の頭がクルクル、クルクルと一人で駆けずり回ってしまって、自分でも処理できないというのが現代人の悩みですよ。それほど我々の頭脳は優秀にできているわけです。お釈迦さんも非常に優秀な頭脳を持っておられたから、頭が回り過ぎて困る、何とかしてこの状態をとめなきゃならんという事で仏道修行をされて、止める方法をつかまれて、それを我々に教えられたという事です。

だから朝から晩まで本を読んでいて人生問題のけりがつくならばそれを大いにやるべきなんだけれども、そういう形では人生問題のけりがつかんという事が事実としてあるわけですよね。その点では走るという事と坐禅という事は似た様な性格を持っているという事が言えると同時に、本を読むことが坐禅をすることと同じかというと、これは違うという事になると思います。

                     つづく--


読んでくださってありがとうございます。よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-