FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 阿羅漢 11

法華経の方便品において釈尊が言われた。
 
仏道修行をしているたくさんの僧侶や尼僧が自分自身はすでに阿羅漢の境地に達したと考え、わが身こそ完成された究極の肉体であり、これこそ最終の至福の境涯であると考えて、その結果、最高にして均衡のとれた正しい教えを求める必要はないと考えるならば、これらの人々はまさに自分をあまりにも過信し過ぎた人々である。なぜかというと、もし僧侶が実際に阿羅漢の境地を得た場合には、この(釈尊の説かれた)教えを信じないという事は具体的に起こるはずがない。

釈尊の言葉について道元禅師が注釈されます。
釈尊が説かれた最高にして均衡のとれた正しい真実を信じる力のある人を阿羅漢と言うのである。その様な形で阿羅漢の境地に立った人が、ますます釈尊の教えを信じるという事が、実は釈尊がその教えを阿羅漢に与えるという事であるし、またその阿羅漢が釈尊の教えを自分の身に引き継ぐという事であるし、またその阿羅漢が釈尊の教えを実際に修行し体験するという事である。

阿羅漢の境地を得た状態が最後の境地であり究極の境涯であるという事ではなしに、なぜ阿羅漢といわれるかと言うと、釈尊の説かれた最高にして均衡のとれた正しい教えを常に求め得たいと願えばこそ阿羅漢である。阿羅漢の境地と言うのは、これでも足りない、これでもまだ足りないと言って一所懸命に釈尊の教えを得たいと願い求める形で努力する境地である。

それでは阿羅漢が釈尊の説かれた最高にして均衡のとれた正しい教えを願い求める状態と言うのは何かと言うと、釈尊の教えを自分の手の中で自由自在に使いこなすと言う意味であって、具体的に何を指すかと言えば坐禅をする事である。壁に向かって坐禅をしている事によって、釈尊の教えとは何かがわかるのである。

我々は宇宙と言う大きな世界の中に生きているが、その現われ方と言うのは実に様々である。この宇宙と言うものは永遠の時間の中に存在するという事が確かに言えるけれども、我々の日常生活においては、瞬間瞬間に状態は変わっている。永遠の時間の中に生きているという事が真実であると同時に、我々の日常生活における瞬間、瞬間と言うものは常に変化して止まない。

この様な形で永遠の時間の中で、しかも我々に与えられた瞬間瞬間を一所懸命に生きていく生き方を、釈尊の説かれた最高にして均衡のとれた正しい真実と言うものを願い求めていくというのである。真実の阿羅漢の実態と言うものは、目標に到達したから仏道修行は要りませんと言う事ではなしに、阿羅漢の境地を求めて一所懸命努力していく状態が阿羅漢の境地である。

その様な阿羅漢の境地を願い求めて一所懸命努力していくと言う事はいったいどう言う事かと言うと、朝食にも満足し、昼食にも満足した安定した日常生活を送ることである。



           ―西島先生にある人が質問した―

質問
大変低級な質問でございますけど、羅漢さんと言うのは、どこのお寺へ行っても五百羅漢さんは石で出来て並んでいます。どうしてみんなあんな顔にこしらえてあるのですか。

先生
だから、あれはやっぱり小乗仏教と言う立場で羅漢というものを理解して、やや卑俗な形で羅漢さんと言うものを表現しているわけですよ。ただそれと同時に道元禅師の立場からすると、ああいう卑俗の人間の現れ方の中に仏道の究極もあるのだという思想も入っている訳です。その事を説くために「阿羅漢」の巻を書かれたと見ていいと思います。


いつも読んで下さってありがとうございます。 よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。69歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」幽村芳春 平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-