トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 阿羅漢 3

阿羅漢の巻、本文に入ります。

法華経に「もろもろの汚れがすでに消滅してさらに煩悩もなく、自分自身の長所を十分に把握して、生存における多くの束縛も消え失せ、自分の心が自由自在の境地になった」と言っているが、これこそ声聞乗の最終の境地とされている阿羅漢であり、釈尊の教えを学ぶ人における究極の成果である。。これを仏教哲学では仏道修行における第4番目の成果と呼び、真実を得たもところの仏と全く同じ境地に立った阿羅漢と言うのである。

もろもろの汚れとは、柄のとれた破れ柄杓にも例えることのできる我々の肉体そのものである。それを使用して来た年月は非常に長い期間に及んでいるけれども、。すでに消滅したとは破れた木の柄杓そのものが、現実の世界に躍り出て,柄のとれた破れ柄杓というような言葉の上だけのとらえ方を抜け出た状態を言うのである。

自分自身の長所をしっかり把握するとは、自分自身の実態というものがよくわかって、いいままでの境地とは別の境地に住むようになった状態を言うのである。

こだわりが全部なくなった状態とは、宇宙と言うものは昔から今に至るまで何も隠していない、ありのままの宇宙と言うものが我々の眼の前に存在する。ありのままに我々の住んでいる世界の実態が見えて来るという事が、様々のこだわりから解き放された状態という事に他ならない。

自分の心が自由自在の境地になったとは、、高い所は高いなりに安定している、低い所は低い所で低いなりに安定している。高い、低いという事は大した問題ではない。安定しているか安定していないかと言う事の方がはるかに大切だという事である。自分の状態が高かろうと低かろうと、高いなら高いなりに、低いなら低いなりに安定した境地に住まっているという事である。



          ―西嶋先生にある人が質問した-

質問
先生は「正法眼蔵」を若い時に読んだけど当時は中々わからなかったが、年を取るにつれてわかってyきたという事を話されました。若い時には自己中心的なところがありますから、自分の都合でエゴイズムといいますか、そういう読み方をされていたのが、年を重ねるうちに自己中心主義ではなくなって主観と客観がだんだん近づいて来るから、わかる様になるという経過でしょうか。

先生
いや、そういう経過ではなしに、まあ「正法眼蔵」の難しさの理由としてはいくつかありますけど、一つの思想としては4つの考え方が重なっているという事です。その4つの考え方が重なっているという事が仏教思想そのものであるわけだけれども、そのことはどういう事かというと、主観・客観という関係でいうならば最初の苦諦の立場とはあくまでも主観主義です。俺はこう思う、俺は自由だと思う、俺は何でもできる、希望すればどんな事でも叶えられる、と言うのが苦諦の世界ですよ。

それから二番目の世界というのは、客観を中心にして全部を考える世界。そんな事を言ったってもう現実はちゃんとあるんだ、人もたくさん生きているんだ、世の中は厳しんだ、もう成り行きに任せていくしかないんだと言うのがいうの集諦の立場ですよ。

それで成り行きに任せて行くんだという事では、人間はもう生きていくことが嫌になるわけですよ。そうすると何とかしなきゃならんという事で立ち上がるのが諦滅の立場。そうすると主観とか客観とかという理屈ではなしに、もう無我夢中で毎日の生活をするというのが滅諦の立場です。だが無我夢中の立場で何かをやっていると、もう間違いだらけになってしまう。自分も傷つく、人も傷つける、どうにもならなくなるという事で基準が必要だ、

そこで一番最後の段階として道諦の立場があり、坐禅に基準を求めてもう一度自分の人生を立て直そうというのが仏道です。だから「正法眼蔵」の中には必ずこの4段階方が入っているわけです。私が若いころ「正法眼蔵」を読んだ場合には、1番最初の段階だけはわかったんですよ。発菩提心――なるほどそうだ、真実を知りたいという気持ちを起こすことが必要なんだ、それがすべてだという風にだけ考えていると、後の2番目、3番目、4番目が皆目わからない。
                           
だから「正法眼蔵」を読んだときに、一番最初に4分の1はわかるわけです。たいていの人がそうです。4分の1だけ、非常にいいことが書いてあるから何とか読みたいと思うわけ。ただ後の4分の3は皆目わからないと言うのが事実です。なぜ4分の3がわからないかというと、「正法眼蔵」は4段階の考え方で説かれているという事に気が付かないと、4分の1しかわからないし、4分の1わかったところで、4分の1だけの解説をして後は適当に流しておくという解説がいくらもあるわけです。

ただそういう読み方をしていると、仏教そのものがわからないと、こういう問題があると思います。だから「正法眼蔵」の難しさは、もちろん難しさもありますけれども、1番「正法眼蔵」の難しさの基本になるものは、4段階の考え方で書かれているという問題、つまり仏教思想が書かれているという問題です。釈尊の説かれたのと同じことが書いてあるという事は、4段階の思想が書いてあるという事だし、その4段階の思想がわからないと釈尊の教えそのものがわからないと、こういう事になると思います。


いつも読んで下さってありがとうございます。 よかったらクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名 幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-