トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行持(下) 5

達磨大師は釈尊から数えて第28代目の正統な後継者である。しかも父の国王が領有していた大きな国を離れて、中国の人々を救済しようとされたのであるから、誰が肩を並べる事ができよう。もし達磨大師がインドからはるばると中国に渡来することがなかったならば、中国の人々はどうして釈尊の説かれた正しい教えを見たり聞いたりする事ができたであろう。

達磨大師が中国に仏道(坐禅)を伝えなかったならば、中国の人々は単に仏教を学問や理屈として勉強するだけに終わってしまったであろう。今や我々のように日本と言う辺境遠方の地に住むものまでが、十分に釈尊の教えを聞く事が出来る様になった。そして現に田畑で働く農夫や民間の老人子供に至るまで仏道を見たり聞いたりする事が出来る様になった。これらの全ての事柄は達磨大師が遥々とインドから南の海を渡って中国に来られた実践の賜物である。

インドと中国とでは、地方的な事情については大きな優劣の差がある。また地方に根ざした風俗に関しても大きな邪正の違いがある。中国の当時の状況からするならば、達磨大師の様に釈尊の真実を得た人がわざわざ出向いていくような国ではない。そういう事情にも関わらず達磨大師が中国に行かれたのは、あらゆる事を耐え忍ぶ非常に大きな慈悲心を持っておられたからである。

当時の中国には達磨大師が住むに適した道場もなかったし、また本当に価値のある人の人格を理解する人も少なかった。そこで達磨大師は嵩山の麓で滞在することが9年に及んだ。人々は達磨大師の事を、壁に向かって坐っているインドから来た僧侶という意味で「壁観婆羅門」と呼んだ。そして歴史を書く人が、達磨大師を坐禅を悟りを開くためにやる人々の間に編集して入れたけれども、これは決して正しいことではない。

※西嶋先生解説
道元禅師の坐禅に対しする理解の仕方は、坐禅とは坐禅を修行することによっていつか悟りを開くという形のものではなしに、坐禅をすること自体が悟りであり、坐禅をすること自体が仏道そのものであるという考え方でありましたから、達磨大師を坐禅をやって悟りを開く人々と同列に扱ったことは間違いである、こういう解釈をしておられるわけであります。

本文に戻ります。
釈尊以来代々の祖師方によって正しく伝承されて来た正法眼蔵(正しい教えの眼目の所在)は、ただ一人達磨大師によってのみ中国に伝えられたのである。 
 


              ―西嶋先生の話―

この2、3か月における自分の健康状態というものを考えてみますと、今度ばかりは仏道を勉強しておることが、あるいは坐禅をやっておるという事が自分の命を救ったんではなかろうかという印象を持つわけであります。

大体この2、3か月どういう経緯をたどったかという事は、前にも申し上げましたけれども、自分の貧血の原因が長年のんでいた○○の薬に原因があるのではないかとか、あるいは医者は勧めてくれるけれども、入院することが本当に自分の健康を維持するのに繋がるのかどうかとか、あるいは中学の同級生(医師)に相談してみるとか、あるいは一週間ごとに血液を調べながら様子を見るとか、そういうふうな判断というものは坐禅をしておる時に浮かんできたという事が言えるわけです。

そういう点から考えますと、仏道の世界において「般若」という言葉があるわけであります。それは「智慧」と訳されておりますが、この般若(智慧)という言葉は、しょせん坐禅をしている時に生れて来る直観だと考えることが出来るわけでありまして、釈尊の教えというのは必ずしも難しい教えではない。

毎日坐禅していることによって生れてくる直観の働きを基礎にして、一生を生きることが仏道修行だ。それ以外に仏道修行はないと、そういう事を言っておられるというふうにも解されるわけであります。その点では、人間が頭を使ってあれこれと考えることはかなり儚いことであって、人間が頭の中で色々と考えることは、本人は非常に意味があるような内容のものとして感ずる場合が多いわけでありますが、実態的には我々の人生に役立つのかどうかあまりはっきりししない。

むしろ頭を使って考えるに考えて考え抜くことによって、人間が不幸になるという事もないとは言えない。そうすると、釈尊が説かれた教え――坐禅をしているところから生まれてくる直観にしたがって生きるという事、これがかなり我々の人生において意味を持ってくるのではなかろうかと、そういうふうに感ずるわけであります。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-