トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行持(上) 43

洞山良价禅師が言われた。

実行のできない問題というものを理論的に説き、理論的には表現できないものを実際の行動によって実現する。

洞山良价禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。
これが我々の大先輩である洞山良价禅師の言葉である。この言葉の趣旨は、実行というものと理論というものには、お互いに関連しているという場面があり、理論というものと実行というものとは相互に通じ合っている場面があるという事を言われたのである。一日中我々が理論的に説き、理論的に考えている問題を一日中実行しているのである。

我々の日常生活の現実というものに立ち入って考えてみるならば、どうしても実行できない事を何とかして実行しようと頑張っているのが我々の日常生活であるし、どうしても理論的に説明できないものを何とかして説明しようとして頑張っているのが我々の日常生活である。



              ―西嶋先生の話―

私は若い頃、仏教と言うものを考えた場合に仏教も一つの宗教であるから「勉強したいと思う人が勉強すればいいんだ」とそう言うふうに思っていたわけであります。それから坐禅も「やってみようと言う気を起こした人だけがやればいいんだ」と考えておりましたが、最近どうもそういう考え方ではなくなって来たと言う問題があります。
  
それはどう言う事かと言うと、どうも人間として生まれた以上、仏教と言うものを勉強しないと「なぜ生きているのか」と言う問題がよくわからない。そして「なぜ生きているのか」と言う人生の意味がよく分らないという問題がどうもある様な気がします。また坐禅をやる事によってやっと人間並みになれる。だから人間並みの生活をするためには、どうしても坐禅をやらなきゃならんという気がするわけであります。

こう言う事を言うと、この世の中には坐禅をやらない人も沢山いる。坐禅をやっている人と坐禅をやっていない人との人数を比べると、やっていない人の方がはるかに多い。そう言う人たちもやっぱり人間として立派に生きているじゃないか、と言う疑問がわくわけでありますが、坐禅をやらないで本当の人間らしい生き方が出来るかと言うと、どうも私は疑問のような気がする。

自分自身の事を振り返ってみると、やっぱり朝晩坐禅をやっているお陰で、まあ人間らしい生活が出来ているという事があるんじゃないか。私がもし毎日坐禅をやる事をやめてしまったならば、西嶋と言う電車はどこへ走って行くか分らない。西島と言う車はどこへ走っていくか分らない。どんなところへ行って、溝に落ちるか、コンクリ-トの壁にぶつかるか、どういう事が起きるかというような事がぜんぜん想像つかない。

朝晩坐禅をやっているから、まあ「こうしなきゃならん、ああしなきゃならん」と言う事が多少見えてくるだけのもの。そうすると人間と言うのは非常に危なっかしいもの。その危なっかしい人間を、何とか間違いを起こさずに運転していけるのは全く坐禅のお陰だ。だから私から坐禅をはずしてしまうと何も残らない。そう言う気がするわけであります。

                      つづく--


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-