トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行持(上) 28

塩官禅師は僧に命じて法常禅師を自分の寺院に招待しようとしたが、法常禅師は山を出ようとされず塩官禅師に偈(詩)を作って答えられた。

砕けてやっと残っているような枯れ木と同じ様な状態で、自分は人影もない寂しい林に暮らしている。何回も春に出会ったけれども、いっこうに山の生活が嫌になって外へ出て行くという気は起きなかった。山を歩いている木こりが自分と行き会っても、一体どういう人間かと言う疑問を持って振り返るという事さえない。人前で説法しておられる立派な僧侶が、木こりが出会っても見向きもしない自分のような者をどうして懇切に追い求める必要があろう。

法常禅師はこの様な偈を作って丁寧に断わり、請われたけれども塩官禅師の教団に行って説法をする事をしなかった。その後さらに山奥に入ろうとした際に偈を作って言う。
 
たった一つの池に生える蓮の葉は、その蓮の葉を使って衣服を作る限りいつまで経っても衣服に困るという事はない。松の木が数本もあって、その松の木の実を食べていると食事としては十分であって乏しいという事はない。ところが世間の人々から自分の住んでいる場所を知られてしまったので、あばら屋をさらに山奥に移してもっと山の深いところに入って行こうと思う。

そういう偈を作って、さらに自分の庵を山奥に移した。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
実際の道元禅師の頃のお寺と言うものは、やはり非常にお粗末なお寺でしたか。

先生
いやこの時代、やはり比叡山とか高野山とか相当立派な建物があったのではないかと思います。それでそれは天皇の寄進とか、あるいは大臣の寄進とか、そういう事情があったと思いますよ。そういうものに対する立場を頭において、道元禅師はこの辺の事を書いておられるのではないかと言う気がするわけです。

だから寺院の立派なのを建てて仏道が盛んになったと考えるのは錯覚だと。建物が立派であろうと立派でなかろうと、実際に仏道が行われているか行われていないかと言う事が、仏道が盛んであるかどうかの分かれ目であって、建物が立派か立派でないかという事では決まらないと、そういう主張です。道元禅師の時代の寺院の建物が全て粗末だったという事ではないと思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


  
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-