トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行持(上) 3

この宇宙というものは、われわれ人間が行動する時に初めて実在としての意味を持つ。

この基本的な考え方とは、あらゆる方角に広がっている一切の大地、一切の空、一切の世界というものがすべて、自分自身の清い行いや戒律の保持によって大きな影響を受ける。

※西嶋先生解説
この事は、人間が一人で正しい行いをやるならば宇宙全体が正しくなり、人間が清い行いをするならば宇宙全体が清くなるということを言っておられるわけであります。常識的に考えると、「そんなことはあるかなあ」というふうに首を傾げるわけでありますが、人間の行いというものはそれほど尊いもの、人間の行いがあればこそ宇宙もやっと存在するという、人間の行いによって宇宙が存在の意味を持ってくるという関係もあるわけであります。

道元禅師の注釈に戻ります。
自分自身以外の客観的な世界がその事情というものを承知しているわけではない。また自分自身にその事情というものがわかっているわけではない。しかし客観的に眺めるならば、自分自身の行いが宇宙を有らしめていると言う事も疑いようがない。

この様な関係から、過去において真実を得られた沢山の仏教界の諸先輩が清い行いをし戒律を保持された事によって、我々が今日行うところの清い行い、戒律の保持というものが現実の世界に姿を現して来るのであり、我々が清い行いをし戒律を保持する事によって、釈尊の説かれた偉大な真実というものが生活のあらゆる場面に行き渡る事ができるのである。

そしてまた逆に、今日我々が清い行いをし戒律を保持すればこそ、過去における諸先輩の清い行いや戒律の保持というものが本当の意味を持って来るし、過去において真実を体得された様々な方々の真実を得たと言う事の意味も、我々が現に清い行いをし戒律を保持していればこそ意味を持ってくると言う相互の関係があるのである。両者の関係と言うものは繋がっていて、中断することがない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
子育てが一応終わって、今まで自分は子育てを一所懸命やってきたけれども振り返ってみると空しい感じになっています。そういう人たちが仏道を求めたきた場合に、どの様なお話をしてあげればいいのでしょうか。
      
先生
話では空しさは解消しないね。どんないい話を聞いたって空しさは解消しないよ。やっぱり坐禅をやる事しかないね。いや、これは本当に私はそう思う。まさに我田引水だけどね。私は腹の底からそう思う。と言うのは、話で知識を注ぎこんでも決して空しさはなくなるもんではないんです。だからよく仏教講話というのが行われていろんな会がありますけれどね、私は人生に対するプラスというのは殆んどないのではないかと思います。

迷いを増すばかりだと思います。やっぱり坐禅と抱き合わせでなければとうてい意味がないもんだと思います。だから子供を育てる事を終わられた方も何によって生甲斐を感じるか。それは坐禅です。足を組み、手を組み、背骨を伸ばして、ジ-ッとしている。理屈ではなしに 何となく「何で自分が子供を育てた事に意味があるか」と言う事を体全体で感じる事です。その方がいいんじゃないかと思います。その方が、本当の意味の解決になると思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-