トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 恁麼 24

石頭希遷禅師と薬山惟厳禅師との問答について道元禅師の注釈は続きます。

この様なところから考えて来ると、我々が住んでいる世界のどこにでも行き渡っている真実の働きは、それが限りがあると言う捉え方もできるし、また無限だと言う捉え方もできるけれども、有限だとか無限だとかというどの様な捉え方をしても、それが現実に我々の生きている世界に行き渡っている真実の働きを説明するわけにはいかない。

結論を言うならば、言葉では表現できない何かと言うものを勉強したいと思うならば、それはどの様な言葉でも捉える事はできないとはっきり承知すべきである。そこで、どの様な言葉でも捉える事のできない状態、実態とはどういうものかと尋ねたいならば、その実態と言うものを言葉では表わす事のできない何かに問わなければならない。

この様な考え方というものが一応仏教的な考え方という事が言えるけれども、今ここで述べたような具体的な言葉では表現できない何か、あるいはどうしてもつかむ事の出来ない事情と言うものは、単に仏教的な立場だけから考えられたと言うものだというふうにはいかない。なぜそうかというと言葉では表現できない何か、どうしても捉えることのできない事情というものは、我々が住んでいる宇宙全体の実情に他ならないのであるから、仏教的な哲学も乗り越えた広範囲なものだと言わざるを得ない。

我々が現に生きているこの宇宙の実態と言うものは、理解しようとしても理解できるものではないし、それを真実として捉えようとしても中々捉える事が出来ないものが、まさにその実態である。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
大和尚と呼ばれる方は坐禅をしておられる時が如来であり仏であり、そうではない時は普通の人間と言う事ですか。

先生
いや、そうではなくて、仏の状態というのは本来の人間の状態。ところが人間は知恵があるから自分でレ-ルをつくって別のレ-ルを走っているわけだ。だから本来の自分のレ-ルに戻ってくれば仏になる。仏道修行をした人というのは仏道修行の結果、本来の自分のレ-ルに乗った人たちである。凡夫というのは、自分のレ-ルからはずれておる人の事である。

質問
一度レ-ルに乗れば、もう外れる事はない・・・。

先生
ええ、それはもう本来の自分のレ-ルだから坐禅を毎日続けている限り外れない。ここが大事なところです。一度レ-ルに乗ったから一生大丈夫というわけにはいかない。毎日、坐禅をやっていないとすぐ外れてしまう。まあ偉い人は、すぐでもないだろうけれども。しかし酒飲んで女狂いをして、それでもレ-ルに乗っているというわけにはいかない。やっぱり、すぐ外れてしまう。そういうことをすると。

質問
如来様でも励まなくてはならない、と言う文章がありますが・・・。

先生
そう、そう、そういうことです。だから道をはずさないために、お釈迦様だって、坐禅をしたり、説法をしたり、努力して一生を過ごされたという事でしかない。悟りをひらいたからもうどんな事やっても大丈夫だったというわけにはいかない。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-