トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 恁麼 5

雲居道膺禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

この様な言葉では表現できない何かと言うものは、真実を得た人の頭でも考える事ができないし、我々の心で考えようとしても考える事ができないし、宇宙の大きさで考えようとしても考える事ができないし、我々の住んでいる世界全体で考えようとしても考える事ができない。我々の置かれている実情とは、すでに言葉では表現することのできない何かであるのだから、どうして言葉では表現できない何かを得たとか得ないとか言って心配する必要があろうと言う事に尽きる。

この様な点から考えてくると、言葉では表現できない何かとは一体何を指すかという問題に関連して、耳に聞こえる音、眼に見える色や形という具体的なものがまさに言葉では表現することのできない何かだという事も言えるであろう。また我々は心や体とかに関連して、それを言葉ではどうしても表現することができないけれども、その言葉では表現できないものが仏道が求めている究極に他ならないという事も言えるであろう。釈尊以来代々の祖師方が真実を究めてこられたわけであるけれども、その究められた真実というものは、まさに言葉では表現できない何かだという事ができよう。

たとえば地面に立っていた人が倒れたとした場合に、その倒れた事態は決して言葉では表現できないという形で理解したとしても、地面に倒れた人はその地面を頼りにして立ち上がらければならないという現実のあり方を具体的に経験した場合に、かつて地面に倒れた事をなぜなのかと疑問に思い悩む必要はない。それが我々の実際の日常生活であり、それを言葉では表現できない何かというのである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
道元禅師は鎌倉時代の人としては、ともかく偉大な天才であると言う事ですが、「道元禅師が一代でこれだけやれるわけがない。おそらく過去において何代も人間に生まれ変わって初めてあのようになったんだ。前世はたぶん中国人である」と言う人がいるのですが先生はどうお考えになりますか。

先生
いや、そんなのはでたらめだね(笑)。人間が生まれ変われるんだったら、何の苦労も無いですよ。我々、一回きりだと思うから一所懸命やるんで、二回、三回あるんだとすればそう真面目にやらないね。「今回は大いに遊んでこの次は勉強しましょう」と言う事になる。だけれどもそんな事はない。人生一回きりだから、まあ一所懸命やらなくてはならないと言う事だと思いますよ。 

質問
輪廻転生について教えて下さい。

先生
古代インドにおいて、仏教が生まれる以前にバラモンの説くところの輪廻転生が非常に盛んだった。その輪廻転生からどう逃れるかというのが、バラモンの教えの中心的な問題であった。輪廻転生は信じるに足りないと、釈尊は主張された。仏教思想の考え方の中には輪廻転生の教えはありません。

仏教が広まり伝えられていくうちに、それ以前にあったバラモンの教えが仏教の教えの中に混同されて、輪廻転生の間違った考え方が入りこんでしまった。仏教を理解する場合に、すぐ輪廻転生と言うようなことが出て来る場合がありますが、仏教は輪廻転生をむしろ否定した教えです。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-