トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏向上事 23

石頭無際大師と道悟禅師との問答について道元禅師の注釈は続きます。

真実を得たいと言う気持ちを起こし、修行し体験をするという事態はないわけではない。しかしながらその内容というものは、頭の中で理解できるという性質のものではない。その究極の趣旨というものは、人間の頭で「わかった」というふうなものではない。修行や体験というものがないわけではない。また修行や体験というものがあるとも断定はできない。我々の修行、体験というものは、あるとかないと言う言葉による定義を乗り越えた現実の事実である。

※西嶋先生解説
我々が先ほどやった45分間の坐禅も、修行であるのかないのか、そんなことは断定できない、体験があったかないとか、そんなことは断定できない。坐禅というものはそれ以上の事実で、我々は黙々と足を組み、手を組み、背骨を伸ばして坐っていたという事に他ならない。修行だと言えば修行と言えるかもしれないし、修行でないと言えば修行でないと言えるかもしれない。体験だと言えば体験であるかもしれないし、体験でも何でもないと言えば体験でないというふうな表現も決して不可能ではない。

道元禅師の注釈に戻ります。
仏道の究極の原理と言うものも、頭で理解できるものではないし、頭で理解しようとしても理解できるものではない。釈尊の説かれた真実というものがないわけではないし、修行、体験と言うものがないわけではない。しかしその中身と言うものは、頭で理解できるとか、知る事ができると言うものではない。釈尊の説かれた真実を修行し、それを体験するという事があるというふうにも簡単には言い切れない。その内容はつかむ事ができないし知る事ができない。

※西嶋先生解説   
なぜこういう事を言われるかというと、仏教の一番基本の問題というのは、我々が頭の中で問題を考え、そう言う人間考える能力について過信しすぎる状態から、もう一度現実の世界に立ち戻ると言うところにねらいいがあるわけであります。ものを考えると言う事が進んでいくと、頭の中で考えた事が現実だという思い過ごしをして、現実と頭の中で考えた事との違いが分らなくなってしまう。その事をもう一度現実の世界に引き戻す事が釈尊の教えであり仏道のねらいです。 



          ―西嶋先生にある人が質問した―
             
質問
いろいろな問題は坐禅をする事によって解決するのですか?私は今、住宅問題に困っているのですが・・・。
    
先生
住宅問題が現在あるという事は現在がそういう状態であるという事で、それがいつまでも変わらないものではない。今の状態が固定したままズ-ッと続くわけではない。

質問
それを変えようとするんです。
  
先生
だから、その変えようとする事についての努力は当然あるわけです。どういう事態でどう困っているのか、解決法としてはどういうことがあるのかと言う事を冷静な気持ちで見直すと言う事、これが一番大切です。我々の日常生活の問題は全部そうだと思います。
   
質問
するとそれは、坐禅とは別ですね。

先生
その場合に、そういう態度を取らせる基本的な体の状態がまず大切になってきます。事態というのは常に変化しています。今の困った状態が何万年と続くわけではない。そうすると、今どういう状態になっているかと言う事をよく勉強する。どういう解決方法があるかと言うようなことで色々と知識を得る。どうにも動きがとれなかったら、そのうちに何とかなるということで時期を待つ。

そういう解決の方法ではないかと思います。その場合一番大切なのは、気持ちが乱れないと言う事と慌てないと言う事。真正面から困難にぶつかると言う事です。私が「坐禅をやっていれば一切の問題が解決する」と言ったのはそういう意味です。我々の生活に困った事が起きないと言う事ではないのです。困った事が起きた場合に、それにどう対処するかと言う事について坐禅をしていれば一番いい態度が取れると言う事です。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-