トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏向上事 8

洞山悟本大師と僧の問答について道元禅師の注釈は続きます。

そしてまた、人の言葉が耳に入る時は、日常会話から全くはずれて第三者的な立場にいるんだと言うふうな頭の中だけの捉え方でもない 。なぜかというと、人の話を聞いている時には一所懸命聞いている、つまり、相手の話し相手になって一所懸命相手の話を聞いている状態であるから。

その点では、 人の話が耳に入っている時、人の話を聞いている時には、日常会話というものがどこかにいってしまって、話している日常会話というものが相手の方にだけいっていて、自分はその日常会話(談話)に参加していないと言う事ではない。

日常会話をしている時に人の言葉が耳に入るという事が、自分が話しているところの中心の中に入り込んで来て 非常に異質なものとして(たとえば雷の響きの様に)日常会話を乱す様な特別なものとしてそこに現れてくると言う事ではない。この様に考えて来ると、仮に僧侶同士の話であっても、お互いに自分が話をしている時には、人の言葉というものは聞こえないのである。



              ―西嶋先生の話―

    つづき--

実体としての仏道が中国に伝わったのは、達磨大師が坐禅と言う修行を中国に伝えられた時が初めてだという事を言われている訳です。我々が坐禅を実際に経験しない間は、この道元禅師の主張が納得しにくいわけです。「仏教には色々な宗派があって、坐禅を中心とした宗派も仏教宗派の一つだ、だからその仏教宗派の一つの型の坐禅が伝われなければ仏教が伝わらないという主張は狭すぎるのではないか」と、こういう感想を持つ訳です。

ただ実際に坐禅をやってみて「ああ、これが仏道か」と言う事がハッキリしますと「なるほど、この体験がない限り仏道は人から人へは伝える事は出来ないんだ」と、こう言う事がハッキリしてくる訳です。ですから坐禅をしない人に対して、坐禅とは何かと言う事が口で説明できるかと言うと、これは出来ない。本を書いてそれで説明できるかと言うと、これもできない。坐禅を実際にやった人と坐禅を実際にやった人の間でだけで、坐禅と言うものはどういうものだと言う事がわかるわけです。

ですから我々が仏道修行をする場合にも、坐禅なしに仏道の勉強ができると言う事は絶対にあり得ないと言う事をハッキリ承知していないと、仏教の勉強そのものが宙に浮いてしまって口先だけの、あるいは頭の先だけの勉強に終わってしまうと言う恐れがあるわけです。そう言う勉強の仕方をしますと、理屈の点では色々な仏教に関する事を知っていたとしても、仏道とは無関係だと、こういう事があるわけです。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-