トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏向上事 5

洞山悟本大師と僧の問答について道元禅師の注釈は続きます。

銘記せよ。日常生活における普通の会話を考えてみるならば、聞くとか聞かないと言う言葉にこだわる必要は少しもない。ごく自然に話をし、ごく自然に人の話を聞くという状態であって、聞くとか聞かないと言う事にこだわっているものではない。普通の日常会話と言うものは、聞くとか聞かないとかと言う言葉で区別をしてその事を問題にするような必要は全くない。

自分が話をしていて人の話を聞かないところにも、ものを話している僧侶そのものがいるのであり、また人の話を聞かずに自分が話をしているところにもその僧侶が現に存在しているのである。人を相手にしているとか、自分自身で一人で話しているとかという区別で問題を考える必要はなくて、もっと具体的な、ごく自然な、普通の会話であり、言葉で表す事の出来ない何かだと言うふうな面倒な理論は日常の会話については不要な事であるし、そうかといって、そういうものは不要だと言うふうに事新しく決め付ける必要もない。

ごく自然に僧侶が話をしている時には、まさに僧侶は人の話を聞いていないと言うだけの事である。僧侶が話している時には、人の話を聞いていないという言葉の意味がどういうものであるかということを考えてみると、会話というものは、舌とか耳とか眼とか体とか心とか、そういう具体的なものを通して行われるのであるから、舌に束縛されて僧侶が具体的な話をしていると言う事であり、人に話している場合、耳においては人の話を聞いていない状態であり、人に見詰められながら自分が話をして、人の話を聞いていないという状態があるのである。

自分の体、自分の心、あるいは相手の体、相手の心というものがあって初めて、自分が話をし人の話を聞いていないという状態であるし、相手もまた相手の話をして、その間はこちらの話が聞こえていないと言うふうな、お互いのごく自然な日常会話が行われているのである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
おこがましいんですけれど、私は物質的環境にも余裕があり、自分は恵まれているなと言う感じをいつも持ってるんです。先生のお話を伺っていますと名誉や利得と無関係にと言われますが、生活の経済的な面がある程度のレベルになければやはりこういう問題に眼が向いてこないのではないでしょか。

先生
その点では、お金儲けをしてはいかんと言う事ではないんですよ。ただお金儲けが問題にならない様な生き方と言う事を言うわけです。だからその点では、経済的に恵まれているから仏道修行ができるとか、経済的に恵まれていないから仏道修行ができないと言う事ではなしに、そういう世俗的な目標に対してどうしても執着があって離れられない人と離れる事のできる人との違いは、経済的な事情がどうこうと言う事とは別の問題だと思います。

ある程度は関係があるかもしれないけれども、切り離して考える事ができると思います。とにかくそういう経済的な問題、名誉と言うふうな問題を超越できた人を「高貴な人」と言うんですよ。これは「正法眼蔵」に出て来る見方です。「正法眼蔵」一顆明珠の巻の中で、玄沙師備禅師に関連して、仏道を求める事は高貴な人間になる事と同じ意味だと出てきます。名誉や利得から超越すると言う事は中々高貴な事ですよ。そういう高貴な人が初めて仏道修行ができるんですね。

だから、社会的な地位がどうこうとか、金があるとかないとかと言う事と関係なしに、そういう高貴なものを求めるか求めないかと言う事が仏道修行に関連してはあるとこう言う事が言えると思います。から沢木老師が「宿なし興道」と言う形で、寺院を持たずに一生を過ごされたと言う様な事も、そういう問題と関係あるんですね。寺院を持つと、やはり高貴でいられなくなると言う心配があるわけです。必ずそうだとは言えないけれども、そういう心配があるという事と関係があったと思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-