トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 坐禅箴 27

道元禅師の注釈は続きます。

南嶽懐譲禅師の指導していた教団には、この様な工夫があり努力があった。 また薬山惟儼禅師が指導していた教団には前に述べたような言葉が残されている。

銘記せよ。釈尊以来代々の祖師方が、一番大切なものとして代々受け継がれて来られたところのものは、すなわち坐禅をすることによって、即座に釈尊と同一の人格になるという事であるということを。 過去において仏と言われ祖師方と言われた方々というものは、いずれも、この肝心要の事実、すなわち坐禅において真実と一体になっているという状態を活用してこられたのである。

まだこの坐禅と言うものの経験がなく、坐った時の状態と言うものを経験していない人にとっては、仏と言われ祖師方といわれる方々の肝心要の事実と言うものは夢にさえ見た事がないものに他ならないのである。



              ―西嶋先生の話―
    --つづき

その人が私の英語のテキストにこの本(The Tao of Phisics)を使い始めたわけです。で、一冊私のところへおいていってくれましたので、否応なしに読むことになりまして読み始めたところがなかなか面白くて、一週間その本ばかり読んでいたという事で、まあ想像したような難しい本ではなくて非常にわかりやすい言葉で近代の物理学――量子論とか相対性原理とかの説明があったわけです。その本の中でどういう事を言っているかというと、近代の物理学と古代インド、あるいはヒンズ-教で考えられておるような世界とが非常によく似ておる。そのことはどういう事かというと、この世界とは相対的なもので、しかも流動的なものだと。
          
ニュ-トンの考えた物理学では、固定的な物というものがあったわけですが、今日では物質そのものが流動的になってきて、精神的な世界と近づいてきたという風なことが書いてあったわけです。そういう本を読んでみますと、世界の思想が我々が予想しておる以上に東洋の思想に近づきつつあると言えようかと思うわけです。今日世界を支配している民族がどこの民族かという事になりますと、私の感じではアングロサクソンという民族がかなり中心になっておるんではないか。

そのアングロサクソンという民族の特徴があるわけですが、一つは非常に理屈っぽい事、理屈の通らんことは絶対に認めないという性格がある様です。それからもう一つは行動の面で妥協しないという面がある。そういう二つの性格がありますと、仏教思想を勉強する上に置いては非常に早く目標に到達するんではないかと、こういう気がするわけです。仏教の勉強を考えてみましても、非常に理屈っぽいという事が一つあるわけです。理論的に通らないことは認めないという立場が仏教の勉強の中にはある訳です。

それと同時に行いの面で妥協しないという事、それが仏教の目標に到達する一つの特徴だと言えようかと思う。その点ではアングロサクソン民族というのはそういう二つの特徴を持っておる。彼らが仏教思想にかなり関心を持っている裏側には、近代物理学を生みだしたような非常に理屈っぽい妥協しないという性格があって、そのような傾向が仏教を勉強する上に置いてもかなり有利に作用するのではないか、まあそういう風なことを先週ちょっと本を読んでいて感じたわけです。その点では、世界における仏教の今後は我々が考えている以上に早く一般にいきわたっていく可能性があるんではないかと、そういう気がするわけです。

※私の独り言。  
先生のご自宅にお伺いした時に「私の講義を聞きに来ている外国人は納得するまで徹底的に質問をする。仏教も外国で広まり、そして仏教が逆輸入という形で日本に入ってきた時に始めて日本で仏教思想が今より広まるのではないかと思う」と、先生が話をしてくれました。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-