トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 坐禅箴 22

坐禅を表現した言葉として南嶽懐譲禅師言う。「坐禅を実際にやってみると、坐禅というもが日常生活の坐ったり寝たりという動作と全く同じものとは言えないという事がわかってくる」と。

南嶽懐譲禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。
南嶽懐譲禅師がこの言葉によって何を言おうとされたかと言うと、坐禅は坐禅であって、他の日常生活と少し様子が違うということを言われたのである。

※西嶋先生解説
この事は、我々がふだん坐禅をやっている時の状況と日常生活とを考えてみればいいわけであります。仮に坐禅をやらないで、坐禅と同じ心がけで日常生活を送りましょうと考えても絶対にできない。人間の行いというのは心がけの問題ではない。実際に体をどういう状態に置くか、筋肉をどういう状態に置くかという事によっておのずから変化が出てくるわけです。だから心がけだけをしっかりさせて、一所懸命坐禅の心境で日常生活を送りますといっても、絶対にできないという事をここでいっているわけです。

道元禅師の注釈に戻ります。
坐禅というものは日常生活の行動とは違うという事を、釈尊以来一筋に伝承して来た結果、坐禅の修行をして自分自身の日常生活が自然に坐禅の境地と同じものになっていった場合には、そこにこそ初めて自分自身というものが現れてくる。坐禅を一所懸命やる事によって、日常生活そのものが坐禅と同じ様な境地になってきた場合には、坐禅というものが本物で日常生活が偽物だと言う事は言えなくなってくる。

坐禅の時は悟っているけれども、普段は迷っていると言うふうな事も必ずしも言えなくなる。坐禅によって悟りを開くとか、ものの考え方を切り替えると言うふうに考えて見ても、そんな事は実際の問題としてはありえない。

※西嶋先生解説  
ここでは、坐禅をせずに日常生活の心がけをいくら一所懸命に努力して入れ替え様としても、そんな事はできない。ただ坐禅を毎日やることによって、自然に日常生活が坐禅の境地と一体になっていく。そういう点では坐禅と日常生活の坐ったり寝たりという事は違うともいえるし、また同時に坐禅と日常生活の坐ったり寝たりとは同じ境地にもなり得る、という両方の事が言えると言われているわけです。



              ―西嶋先生の話―
    --つづき

それから五番目の波羅蜜が禅定。禅定というのは、坐禅をやって体のバランスを整えるという事であります。定というのは安定という意味でバランスしているという事。坐禅によって得られた体の安定が禅定であります。これを今日の生理的な理解で説明してみますと、我々の体の中に、特に内臓に行き渡っている自律神経という神経が均衡しているかどうかと言うふうな問題。

これは、我々が気持ちをあせらせて何とか気持ちを落ち着けようとしても安定しない。なぜかと言うと我々の体内にある自立神経の安定していないことが気持ちが落ち着かない という事の裏側の事実であるけれども、この自律神経は、人間の意志では安定しない神経だから自律神経といわれるわけです。だから自律神経を安定させるためには、体の状態から変えていかなければならないと言う問題があるわけであります。

我々が坐禅する時に、足を組み、手を組み、背骨を伸ばすというのは、どうしてそういう事をするかというと、そういう姿勢をとった時に、自律神経が自動的にバランスすると言う事が長年の経験で古代インドではすでに知られていた。だからそのことを仏道の修行法としてやるというのが坐禅という修行法の意味であります。ですから禅定というのは、坐禅によって体の安定を得るという事。それから体の安定が得られたという事は、同時に心の安定が得られたという事でもあるわけです。

それはどうしてかと言うと、仏教の基本的な考え方の一つとして、「物心一如」物と心とは一つのものの裏表だ、あるいは「心身一如」といって、心と体とは一つのものの裏表の姿にすぎないと、そういう考え方がありますから、体が落ち着かないという事は心も落ち着かないという事。その落ち着いた気持ちに反映するところのものが智慧。だからそういう智慧が各人に具わった時に、人生の判断というものが間違いなく的確にできるという問題があるわけであります。

そしてそういう心の落ち着いた状態を基礎にして、智慧を身につけるという事が六番目の智慧という事の意味であります。この様に六種類の項目を挙げて、菩提薩埵(菩薩)の修行法として「六波羅蜜」というものが説かれてきた。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-