トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 坐禅箴 21

そこで南嶽懐譲禅師がさらに示して言う。「お前が坐禅を勉強しているという事は、実は坐った形で仏そのものになっていることだ」と。

南嶽懐譲禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。
南嶽懐譲禅師が言われた言葉を大いに勉強して、釈尊以来代々の祖師方によって伝えられてきたところの大切な要点というものを判断し自分のものにすべきである。我々はふだん坐禅というものを勉強しているけれども、それが一体根本的にはどういうものかという事が中々わからないわけであるが、この南嶽懐譲禅師の言葉によって、坐禅をするという事は坐った形の仏を学ぶことであると知ることができた。

この様に南嶽懐譲禅師のような釈尊以来の正しい伝統を継承してきたところの仏弟子でない限り、どうして坐禅をする事が坐った形で仏を勉強している事と言う事が出来よう。

銘記せよ。初心者が初めて行う坐禅は、その人にとっては最初の坐禅であるには違いないが、坐禅をした瞬間から坐った形で釈尊と同一の人格になった姿である。



              ―西嶋先生の話―
    --つづき

三番目の「持戒」というのは戒律を守るという事。仏教では戒律というものを定めて、仏教徒になる儀式のときにも受戒(戒律を受ける)という式があるわけであります。―中略―

仏教が説き始められた最初には、仏教徒の具体的な生活の中で、いろいろこれはやるべきではないと言う規則が出来たわけでありますが、それがあまりにも数が多くなって、あまりにも複雑になってしまったという事情があったわけであります。それで釈尊が亡くなられてから4、5百年経った時に生まれてきた大乗仏教の立場では、たくさんある戒律を十六の戒律につづめた。―中略―

こう言う十六の戒律を守るという事が仏道修行においてかなり大切な事だというところから、三番目の波羅蜜として「持戒」と言うものが生まれて来たわけであります。

それから四番目の波羅蜜は「精進」という事で、精進というのは努力するという事です。我々の日常生活というものは、ほっとけば何とかうまくゆくだろうという事で努力しないでいるとおかしくなっていく。我々の日常生活というものは、どうしても努力がいる。

朝起きる時でも、起きようと思って起きなければ、いつまで経っても寝ている事になる。何とかして起きようと思って努力をするから起き上がれる。ご飯を食べるにしても、自分が口をあけてジ-ッとしていたら、誰かがご飯を箸で挟んで口に入れてくれるかと言うと、そんなわけにはいかない。各人がやっぱり、箸を持って茶碗を持ってご飯を食べなければご飯さえ食べられない。まして、勤めに出かけるについては、自分で身支度をして足を一歩一歩前に出さなければ会社に近づかない。

そういう点では、我々の日常生活と言うものは努力なしでは成り立たない。仏道修行と言うものは努力がいると言う事が「精進」と言う波羅蜜が設けられた背景の事情であります。だからそういう点では、信仰というものが大事だから、信仰さえあるならば全部ケリがつくというわけのものではない。信仰も大事だけれども、その信仰に基づいて努力をしなければ、仏道修行が進まないというふうな問題もあるわけであります。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-