トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 大悟 19

米胡禅師の弟子と仰山慧寂禅師との問答について道元禅師の注釈は続きます。

悟りを得た後、様々な思いを起こし、様々の迷いを持つと言う事も、悟りの中における迷いと言う捉え方も出来る。確かに迷っているけれども、やはり悟りの中の一部でしかないと言う理解も出来る。そういう点では、我々の頭というものは様々に混乱して、百の考え千の考え方が頭の中に充満してどうにもならないと言う事があったとしても、それもまた悟りであろう。真実と一体になった姿であろう。

考えが二つに分かれて、どちらをとったらいいか解からないという言葉を使っているけれども、その以前にたった一つの澄み切った悟りの世界と言うものがあったわけではない。昨日の自分というのは、確かにあったという事は頭の中では考える事が出来るけれども、もし昨日の立場にたつならば、今の自分自身と言うのは二番目の自分でしかないと言う関係に他ならない。

現在の瞬間において悟っているという事は、昨日の状態では悟ってはいなかったという事ではない。今は今でしかない、昨日は昨日でしかない。今の瞬間と言うものが実は永遠の意味を持っているのである。だから、いま初めて得たと言う性格のものではない。この様に釈尊の教えを学んでいくべきである。したがって髪黒々とした若者の段階における悟りもあれば、白髪の老人となった段階における悟りもあるのである。

             「正法眼蔵大悟」
              1224年旧暦春1月27日
              観音導利院興宝寺にて衆僧に説示した
            
※西嶋先生解説 
以上が「大悟」の巻です。悟る(真実を得る)という事がどういう事かという事を説かれた巻であります。ここで説かれていることというのは、我々が常識的に悟りとか迷いとかという事で理解しておる内容とだいぶ違うわけです。ただこういう捉え方をしないと仏道というものはわかってこない。

悟りと言うものが別にあって、一所懸命坐禅の修行をすると、そのうち電気が突然パッと点いた様にわかって、それから以後は、酒を飲んでも酔っ払わない、異性に眼もくれない、と言うふうな事はあり得ないということ、これがこの「大悟」の巻で説かれておると。そういう点では、悟りというようなものを頭において「わしは悟ったからお前たちとは違う」というふうなことを言わないことが仏道だ。

ところがそういう説き方というのはわりあい少ない。道元禅師はただ明らかに、悟りというものは一般に考えられておるようなものじゃなくて、一般に「まだ悟れない、まだ悟れない」という事でカリカリして焦っておるというふうなことは仏道修行でも何でもない、という事を言っておられるわけであります。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
私は先生のご本「仏教――第三の世界観」とか「サラリ-マンのための坐禅入門」など拝読して、いろんな方の本を読んでみましたが先生のが一番よくわかるんです。とにかくそういう実感があるんですね。どうしてだろうかと考えて見ると、先生は宗教を職業としない、いわゆる経済界の人だからですか。

先生
まあ、私は社会生活(在家)が長かったですよね。私の本がよくわかるという事については、仏教そのものにそういう性格があると思います。つまり日常生活の事を取り上げて論議している訳ですから。その点では、我々が日常生活で誰でもが感じる事、考える事が仏教の教えとなって文字になっている訳ですよ。

仏教の思想というのは本来がそう言うものだと思います。だから「正法眼蔵」をずっと読んでみましても、道元禅師ご自身も自分の生活の中に出て来なかった事は言っておられないと思います。

つまり、昔中国の僧侶の人が書いた色々な本を読んだ訳ですけれども、その中から自分の生活の中で経験した事を引用して来て解説しておられる、そういう面があると思います。だからそう言う点では、仏教そのものが「日常生活をどうやって生きるか」と言う事に尽きるという面があると思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-