トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 大悟 14

華厳休静禅師と僧との問答について道元禅師の注釈は続きます。

この様に迷いと悟りというものとの関係は、雪山童子が悟りを得て雪山童子以外のものになったということではない。雪山童子が本当の意味で雪山童子になるという事が真実と一体になるという事の意味であり、木が木であり、石が石である事が、木や石にとっての真実である。

※西嶋先生解説
雪山童子というのは、釈尊が過去の生涯において持っておられた名前で一所懸命仏道修行をして真実を得ようと努力しておられたという説話が経典に残されています。

道元禅師の注釈に戻ります。
諸仏(真実を得られた沢山の方々)はなぜ真実を得られたかと言うならば、沢山の生きとし生けるものを救済するために悟りを得られたのであるし、衆生が真実と一体になられたという事は、諸仏が持っておられた真実そのものを悟ったという事に他ならない。衆生と諸仏の悟りは異ならず、時期的な前後は関係ないのである。

現実に今、自分が悟ったという事は、自分というものがあってその自分が悟ったという事でもないし、自分以外のものがあって、その自分以外のものが悟ったという事でもない。よそから何かがやって来て自分にとりつくという事でもないけれども、現実に溝を埋め谷をふさぐだけの普遍性を持っている。

その悟った真実というものが、うかうかするとどこかへ行ってしまうという事ではないけれども、最も警戒しなければならないことは、自分以外のものを追い求めて一所懸命に努力することである。「なぜそのように言うのであろうか」という質問に対して、我々の現実の生活というものは、周囲の状況に従って素直に生きていくというのが真実である。



              ―西嶋先生の話―

道元禅師の思想を表す言葉として「只管打坐」と言う言葉がある。「只」ひたすら、「打」何か動作をする、「坐」坐る。ですから「只管打坐」とは、ひたすら坐禅をすると言う意味です。私なども若い頃は、坐禅の意味がよく解からなかった時代があるわけです。その当時は、仏教も一つの思想だから本を読めば解かると思っていた。本を読めば解かるけれども、補助の手段として坐禅があると考えていた訳です。

ただ、どうも仏教と言う思想はそういう思想ではなしに、本を読む事、仏教書を読む事と坐禅をする事とどっちが大切かと言うと、坐禅をする事の方が大切であろうかと思います。そう言う点では、我々は一所懸命「正法眼蔵」の本を読んでいるわけですが「正法眼蔵」と坐禅をする事と、どっちが大切かと言うと「正法眼蔵」を読むより坐禅をする事の方がなお大切であると言う問題があります。その事はどう言う事かと言うと、仏教思想の一つの基本的な考え方は、我々の体の状態と考える事とは一致していると言う考え方がある訳です。

ですから坐禅をやっていると、体が正しい状態に置かれる、心も正しい状態に置かれる、そういう正しい状態の体、正しい状態の心と言うものを「仏」と言うわけです。ですから仏教思想、釈尊の教えを理解したいと思うならば、体の状態から変えていかなければならない。したがって「正法眼蔵」を読む事と坐禅をやる事と、どちらが大切かと言うと坐禅をやる事の方が大切だと言う事が出て来るわけです。

その事は坐禅をやる事によって、体が変わってくると「正法眼蔵」の意味がハッキリしてくる。そして仏教の立場から理解する事が出来る。ところが坐禅をやらないで「正法眼蔵」を読むと、仏教以外の立場で理解してしまう恐れがある。こういう問題がある訳です。
                       つづく--  


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-