トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

坐禅と外来語

新聞、雑誌、テレビなどで外来語がとても多く使われています。私は英語は不得意なので テレビの討論番組などで同じ年代の人がマニフェスト、プライマリ-バランス、コンセプト、等など、むずかしい会話をしているのを見ていて凄いな-と思っていました。

私のまわりでもこんな会話がありました。
ある時AさんがBさんに言いました。
「あなたはポリシ-がない」
Bさんは黙ってしまいました。
そこで同席していたCさんが
「ポリシ-がないのがポリシ-だよね」とBさんに言いました。
そしたらBさんは自信に満ちた声で
「そうだよ私はポリシーがないのがポリシーなんだよ」とAさんに言い返しました。

私はポリシ-と言う外来語は知っていますが、会話の中で使うほどわかっていないので黙っていました。ある時、西嶋先生にこの事を話したところ、先生は「知らないと馬鹿にされるのではないかと思い、わかっていないのにわかったふりして話をすすめてしまう、そうすると物事の本質から離れていってしまう心配がある」といっていました。特に公共機関では、例えばインフオメ-シヨンではなく、情報案内と日本語を使ってもらいたいものです。
  

読んでいただきありがとうございます。


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問ありがとうございます。
夫と二人暮らし。68歳。自営業。愚道和夫老師が講義された道元禅師著「正法眼蔵」をブログで毎日更新し自宅で朝晩毎日坐禅をしています。師事した愚道和夫老師より平成13年「授戒」戒名 幽村芳春。平成20年「嗣書」授かる。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-