トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 神通 30

百丈大智禅師の言われた言葉について道元禅師が注釈されます。

いまここに神通(神秘的な働き)について述べて来たけれども、釈尊以来代々の祖師方によって師匠から弟子、師匠から弟子へと受け継がれてきたところの神通というものは、いま述べたような働きである。

真実を得られた方々の神秘的な働きとは、真実を得た後にもさらに真実を求める人の事であり、偉いのか偉くないのかよくわからない最も不可思議の人の事である。それは自分自身をしっかりとつかんで自分自身に成り切った神と同じ様な境地に達した人の事であり、神秘的な働きも問題にしなくなってしまった仏道修行者の事である。

それは認識とか理解に依存しないで自由自在に生きていく事のできる人であり、神秘的な働きについても、これに固執することはしないのである。どんなに環境が苦しくても、どんなに環境が思い通りならなくても、全ての環境を使いこなして自由自在に生きうる人を「神通の人」ということができる。

※西嶋先生解説
だいたい人というのはうまくいかないと環境のせいにする場合が非常に多い。「自分はついていない」「自分がもう少し金持ちだったら・・・」「ここに資金が幾らあれば、相当金儲けができただろう」というようなことは大体の人が考える。しかし、金のあるなしという事は人生における最高の条件ではない。金なんてものは努力すればできるもんだ。だからそういう点では、現に持っていないという事がいつまでも持っていないという事にはならないし、現にたくさん持っているという事がいつまでもなくならないという事でもない。それは人生の生き方、やりよう次第という事にならざるを得ない。

道元禅師の注釈に戻ります。
いまここに釈尊の教えの中で説かれた六神通(六種類の神秘的な働き)というものがあり、それを非常に長い期間にわたって代々の祖師方によって引き継いできた。そしてこの六神通(六種類の神秘的な働き)というものは、どの仏(真実を得た人)によっても伝えてこられたところであり、この六神通(六種類の神秘的な働き)を伝え保持してこなかった者は、仏(真実を得た人)と言う事はできない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
仏向上の人(真実を得た後にもさらに真実を求める人)というのは、「仏以上の人」というふうに先生はおっしゃったんですけど、その「仏」というのはどういう意味なんですか。

先生
仏というのは真実を得た人という意味ですが、「仏向上の人」というのは、自分が真実を得たという事も忘れてしまった人。だから仏というのは、仏道の説いている真実と一体になった人と、そういうふうに捉えていいですね。

質問
じゃ、それ以上の人、という事ですね。

先生
ええ、ただそういう事も忘れてしまった人という事。それは日常生活に徹して、コツコツと生きている人という意味。自分が偉いという事も忘れてしまった人という意味です。こういう話は浮世離れのした話で、日常生活、あるいは社会生活にはおそらく関係あるまいというふうに普通は考えられておるけれども、我々の社会生活はみんな宇宙の中の出来事。だからその原則というのはそう違わない。

人が寄り集まって色んなグル-プをつくって、そのグル-プの中では色んなしきたりがあり、色んな規則があるけれども、その外側にはそれより広い世界がある。一番広い世界と言えば宇宙というもの。宇宙の原則によって一切のものが支配されておるわけだから、そういう点では究極のものをつかんでから日常生活を見直すならば、日常生活の実態というものが非常によく見えてくる、そういう面があるわけです。

ところが狭い範囲の考え方だけで一所懸命やっていると、はたの状況というものがよくわからない。広い世間から見ると案外大したことではないものを、非常に大切な様に考えて無我夢中でやっているというふうな社会の様子というのは何処にもたくさんあるわけです。だからそういう点では、狭い世界で一所懸命になることも大切かもしれないけれども、時には大きな立場から実態がどうなっているのかという事を見る必要があるわけです。

「神通」の巻でどういうことが説かれているかというと、自分が偉い偉いと思っている状況のときは、まだそう大したことはない。自分も本当に偉いのか偉くないのかよくわからなくなってしまった、人からも「偉い」というふうに特に目立っては見えない、というふうな状況の中に本当の仏道があるというふうなことが説かれておるわけであります。

                       つづく--


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


     
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-