トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 神通 18

雲巌曇晟禅師と洞山良价禅師の問答について道元禅師の注釈は続きます。

この雲巌曇晟禅師と洞山良价禅師との間で行われた問答のように、日常生活の動作をいかにするかという問題でしかないのであるから、やたらに外道(仏教を信じない人々)や、二乗(仏教を頭だけで、感覚だけで勉強する人々)と同じだというふうに考えてはならない。釈尊の説かれた教えの中には、我々の体のあらゆる部分にわたって様々な神秘的な変化があり神秘的な働きというものがあるのである。この宇宙というものは、一僧侶の真の実体と少しも本質的には違っているものではない。

古代インドにおいて想像されていたところの須弥山、それを取り巻いている九つの山も八つの海も、真の実在の世界も、智慧の世界も、宇宙の全てというものが、その体のあらゆる部分から様々の不思議な働きを現すという性質を具えている。また宇宙の実態だけではなしに、それ以外の様々な存在というものも、やはり不思議な働きをするものである。法華経の中で体から水や火を出したという例が説かれている。そのような別の働きも行われるのである。

水を出すとか、火を出すとか、風を出すとかという単純な問題だけではなく、我々が何をやるかによって仏にもすぐなれる。我々が一所懸命働いているならば、実在の世界を我々が出現させることもできるし、実在の世界が我々を吸収することもできる。仏道修行の結果、我々自身と宇宙とが全く一つのものになってしまうと、我々自身と宇宙とは少しも違いがないのであるから、我々自身が世界というものを七つ八つと幾つでも吐き出すことができるような境地にも到達するし、世界を二つ三つと幾つも飲み込んでしまうほど大きな人間にもなり得る。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
禅宗のお坊さん、よくお酒を飲まれる様ですが・・・。どうなんでしょうか。

先生
仏道の衰えた結果ですよ。私は仏教僧は酒を飲むべきではないと思う。酒に頼って仏道修行なんてありえない。だから今、寺院の僧侶が酒を飲むって言うのは、仏道がいかに衰えてるかと言う事の証拠だと思いますよ。

質問
先生のお話を伺ってますと、仏道の真髄は坐禅によって心眼が開かれると。私は仏教はよくわからないんですけれども、親鸞とか日蓮とかああ言う人達は恐らく坐禅をしなかったのではないかと・・・。そうすると、あの人達の仏教と言うのはどうなっているんですか。

先生
まあ私は親鸞上人の本をそう深く読んだわけではなし、日蓮上人の本もそう深く読んだわけではなし、それから念仏もやった事がないし、お題目を唱えるという事もやった事がない。だから経験した事のないものについては、私自身は発言できないという大前提があるわけですよね。だからそういう大前提を置いた上で想像で言うならば(笑)、正統の仏道ではないと言える。

私が「正法眼蔵」を読んだ限りにおいては、仏教思想と言うものは明確な一つの思想体系です。それは釈尊も説かれたし、龍樹尊者も説かれたし、達磨大師も説かれたし、道元禅師も説かれたたった一つの思想体系がはっきりあると言う事です。それから外れたものは仏道ではないし、仏教ではないと言うのが私の見方です。ですからあれも仏教、これも仏教と言うふうな理解は私はとれない。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-