トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 神通 15

龐居士蘊公の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

人によっては、日常生活のために水を運ぶ事が神通(神秘的な働き)だと気がつかない場合があるけれども、仏教でいう「神通」とは、水を運ぶというような卑近な日常の動作であり、どんな時代が来てもそのことがなくなるはずがない。また燃料に必要なたきぎを運ぶ事も同じである。たとえば、中国の第六番目の指導者である大鑑慧能禅師が僧侶になる前は木こりとして薪を集めて商売にしていたような情態である。
  
我々が、朝行う様々な行動も神通に他ならない。また、夕方行う様々な行動も神通に他ならない。我々はそれらの行いが、神通だと言う事に普通気がつかない。気がつこうが、気がつくまいがに関らず、それらの日常の明け暮れの様々な仕事と言うものが全て神秘的な働き「神通」である。

この様な形で、我々の日常生活におけるごくありふれた行動と言うものが、実は神通であり素晴らしい効用をそなえたものである。真実を得られた方々の持っておられる神秘的な働き「神通」は、優れた効用と言うものであると言う事を見たり聞いたりする人は、例外なしに釈尊の説かれた真実と言うものを自分のものにする事が出来るであろう。

※西嶋先生解説
だから仏道の真実というのは決して、本をたくさん読んだら難しい理論がわかって、何でもかんでもわかるようになるというふうな、そういう単純なことではない。我々の日常生活における個々の動作というものが、いかに尊い意味を持っているかがわかってくるかどうかという事が、仏道がわかって来るかどうかという事の分かれ目になる。そういう事がわって来た場合に、必ず釈尊の説かれた教えの実態がわかるであろう。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
この六神通というのをずっと拝見してると、坐禅を長くおやりになってた先生とかいう方は、だいたい六神通を全部お持ちになってる…。

先生
いやあ、そうはいかないと思うねえ。いわゆる勘がよくなるというようなことはあると思ますけど。

質問
たとえば、普通の人はわりに法ってのはわからない、見えないですね。先生の場合、法というのを体得されてるっていえば、人の見えないものが見えるとか・・・。

先生
だからそういう点では、むしろ道元禅師は、そういう法というふうなものの認識は、日常生活で水を運んだり、柴を運んだりという働きの中に、法そのものがあるんだと、そういう考え方ですよ。それがまさに実感だと思うんです。だから私も、日常生活をとにかく生きているから、否応なしに法にぶつかるという風なことであると思うんですよ。

だから日常生活を離れて法なんてものはあり得ない。だから部屋に閉じこもって、お経を傍らにうずたかく積んで、片っ端から読んでみても、法なんてものはあり得ない。むしろ日常生活であっちへぶつかり、こっちへぶつかり「俺はどうしてこうバカなんだろう」というふうに悩みに悩むところに、法というものに触れるという点があると思います。

質問
どれを称して超能力というのかわからんけれども、超能力はありますな、たとえば、明恵上人なんていう方は、鳥の声なんかよく解したそうです。この辺は先生、どういうふうにお考えになるかな。

先生
そういう人もいたかもしれないけれども、今日一日一所懸命自分の仕事をやっている人の方がなお偉いと思うね。そういうもんだと思いますよ。自分の与えられた仕事を夢中になってやってる人以上に偉い存在というのはあり得ない。だからそういう点で、自分の仕事、自分のやるべきこと、日常生活に打ち込んでいる人が仏であって、神通仏であってそれ以上の能力があるないという事はどうでもいいことだ


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-