トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏教 30

釈尊の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

釈尊が大乗の教えに入る事が基本だと言われているけれども、その意味は大乗の教えを体験することであり、大乗の教えを実践することであり、大乗の教えを聞くことであり、大乗の教えを説くことである。したがって一切の生きとし生けるものは生まれつき真実と一体であって修行も要らない坐禅も要らないと言う事ではない。大乗の教え、あるいは現実の世界があって、その一部として生きていると言っているに過ぎない。

ここでは大乗の世界に入っていくということ、あるいは釈尊の教えに入っていくということが基本であるという事であり、それは自分の行動を通して修行を通して入っていくという事が基本であり、その基本と言うものは、最初も正しく、最後も正しいという事である。

※西嶋先生解説
この辺もやはり坐禅というものを頭に置かないと理解しにくい。つまり、坐禅をして大乗の世界に入っていくならば、最初も正しい、最後も正しい。そういう点では頭を使ってあれこれと思い悩んでおっても、なかなか人生問題は解決できない。またそういう苦しみから逃げようとして逃げて逃げて回っても、人生と言うのは逃げきれない。そうすると坐禅のような修行を通して、考え過ぎの状態から脱け出す、感じ過ぎの状態から抜け出すという事が基本であり、そういう基本がある限り最初も正しく、最後も正しい、終始正しい、徹底して正しい。

本文に戻ります。
仏(真実を得た人)が法(宇宙秩序)を説き、また法が仏を説くのである。法が仏によって説かれ、仏が法によって説かれるのである。燃え盛っている炎というような具体的な事物が仏を説き、法を説くのである。同時に仏が炎というような具体的な事物を説き、法が炎というような具体的な事物を提示することによってそれを説くのである。



          ―西嶋先生の話―

これは何回も話した問題でありますが、仏教という考え方の基礎には「物心一如」とか「身心一如」とか言われる考え方があるわけであります。この考え方は仏教を考えていく上においては非常に大切な考え方で、この考え方から外れると、何を考えても仏教でなくなるという問題があります。

我々は得てして物事を心の問題と物の問題と別々に分けて、どちらかに偏ったところでものを考えるという癖があるわけでありますが、そういう考え方をした時には仏教の考え方から外れているという事が、仏教を理解していく上においては非常に大切だと思います。

「物心一如」とか「身心一如」とかという考え方はどういうことかというと、我々の住んでいる世界というものは、心の問題だけでは割り切れない、それと同時に物の問題、あるいは体の問題という事だけでも割り切れない。両方の二つの要素が絡み合ったところに我々の住んでいる世界がある。だからそういう立場から問題を理解していかないと、我々の住んでいる世界は本当の意味で理解できないというのが「物心一如」とか「身心一如」とかという考え方であります。

卑近な例をとってみますと、我々が仕事をやっていく上で、何か間違いを起こしたとする。その場合に「精神がたるんでいるんだ」「根性ができてないんだ」という考え方だけで問題を考えると、いつまでたっても同じような間違いが繰り返し起こってくるという事があるわけであります。

もちろん、間違いが起きてくるについては、心の問題もある、心掛けがどうこう、気持ちの持ち方がどうこうという問題もあるけれども、それと同時に、仕事の手順がおかしいとか、伝票の形式が間違いを起こしやすいようにできているとか、物の面でも何らかの原因があるという事が、我々が仕事をやる上において間違いを起こすという事の、かなりの大きな要素をなしておるという問題があるわけであります。
                       
                            つづく--


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-