トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏教 14

ここで玄沙師備禅師が「すべて必要ない」と言っておられるけれども、この言葉の意味は、必要がない、使わないと言う意味ではないし、そんなものは要らない、破棄してしまえばいいという意味でもない。たとえば達磨大師が遥々とインドから中国に来られた、まさにその行いによって説かれた教えの趣旨とは、あらゆる抽象的な教えを必要としない様な厳然たる事実であったに他ならない。

釈尊の教えの中に、三乗十二分教と言う抽象的な教えがないと主張している訳ではない。しかしながら、三乗十二分という主張というもの、抽象的な教えを全く必要としないような厳然たる事実があるという事をかすかにでも眺めるという事が必要である。その点では全く必要ないという性格を持っていればこそ、三乗十二分教は三乗十二分教としての意味があるのである。

※西嶋先生解説
そのことはどういうことかというと、抽象的な教えというものは現実そのものではないという事が理論としての価値であるという事。よく理論というものを軽蔑する場合には「実際だ、実際だ」という主張するわけ。また実際を軽蔑して、「理論だ、理論だ」という考え方もあるけれども、ここで説かれているのは、理論は理論としての価値があり、実際は実際としての価値がある。だから理論が価値を持っているのはなぜかというならば、現実というものを抽象的に見方を変えて説いているからに他ならない。

本文に戻ります。
この様に三乗十二分教と言うものを考えてくると、それは三乗十二分教と言う名前で呼ばれ、仏教の抽象的な理論の部分に相当するけれども、本当の意味での三乗十二分教は、現実に対する説明であって、それは単なる抽象的な説明以上のものである。この三乗十二分教と言う言葉は、抽象的な理論であると同時に、抽象的な理論以上のものであるという二つの意味を兼ねて三乗十二分教と言われているのである。そして、その三乗十二分教には非常に沢山の内容があるけれども、そのほんの一部分を挙げるならば、次に述べるようなものもその一つに該当する。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
                          --つづき

先生
それはね、絵空事というのはいくらもあるんです。文章で書かれた事、画で書かれた事、これは世界の中にいくらもあるんです。だから三乗十二分教というお経の経典がいっぱいあるのと同じこと。ただたった一人の人の坐禅とどっちが価値があるかと言えば、たった一人の人の坐禅と「大蔵経」全部とが同じだともいえるし、たった一人の坐禅の方がはるかに大事だという事も言えるわけ。

様々のスポ-ツ新聞が出たり、劇画が出たりして、印刷費を使ったり、紙を使ったりして大騒ぎしていますけどね、あんなことは何でもない事、どうでもない、大した価値のないことにみんな一所懸命になっているだけの事です。そんなことに本当に時間を使っていいのかどうかというのが、人生問題の一つの非常に大きな問題ですよ。

出版社の方では「こういうのを作ると儲かるから」というんでやってるんだろうけれどもね。それでまた「面白そうだ」という事でみんなお金を払ってそういうものを買って読んでるんだろうと思うけどね。絵空事ってのはどうにでもなること。それで人生ってのは絵空事じゃないですよ。刀で切れば血が出るようなものが、我々の実人生ですよ。それはもう絵にかいたり文章にして「えへらえへら」とやってるようなことと訳が違う。

質問
もちろん恋愛の中にも坐禅がございましょうね。

先生
う-ん・・・。

質問
どうでしょうか。

先生
いや、それはどういう意味かよくわからんけど(笑)。

質問
まあバランスですね。適当にやるってことですね。

先生
適当にやるってことじゃないね。(一段と声高に)人生ってのは適当になんかやれませんよ。何でもかんでも詰めて行って、徹底的に詰めていかなければ本当のものは出てきません。だから適当にやるという人生の生き方からしたら仏道は決してわからない。これははっきり言える。適当な生き方をする人に仏道の理解できた験しがない。

質問
いや、私の言うのは、中道を行くという事です。

先生
うん。だからそういう点では、中道を行くという事は、あっちへぶつかり、こっちへぶつかり「やっぱり真ん中しか行く道がないんだ」という事がわかって、中道という事に対しる信仰が生まれてくるんですよ。はじめから「適当に、適当に」ということで、詰めてやるという事が無かったら、仏道というものは決してつかまるもんではないと。そういうことは言えると思いますね。

だから仏道修行というのは、決して妥協の道じゃないですよ。もう血みどろの戦いですよ、仏道修行というのは。ただ坐禅という基準があるから、破滅の状態にいかないという事はあります。坐禅ということがあるから初めて、徹底した生き方をしても、おかしなところに行かないというだけの問題。そういう点では、真実を詰めるという事は、適当にとまる、妥協するという事ではなくて、もう徹底的に自分の良心に従って生きるという事でしかないわけですよ。

質問
その良心も問題でありますね。その時によって。

先生
そう、だからその点では良心というのは、一番最初の段階で良心というものが出てくるわけです。仏道修行の一番最初の段階では、菩提心(真理探究の心)、道心というものが出てくるわけです。

質問
ありがとうございました。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


     
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
597:適当 by 匿名 on 2017/01/18 at 21:52:34 (コメント編集)

>適当にやるという人生の生き方からしたら仏道は決してわからない。

適当に生きてきたつもりはないが、こう言われると適当だったかもしれないと思う今日このごろ、、耳が痛いです。坐禅自体は続けているのですが、このところ行き詰まりも感じております。ブログ主さま、そんな私に一言お願い致します。

598:Re: 適当 by 幽村芳春 on 2017/01/19 at 10:41:56

匿名さん、コメントありがとうございます。

毎日坐禅を続けているという事は、たとえどんな状態であろうと決して適当に生きて来たという事ではないと思います。
坐禅は坐禅そのものであり行き詰まりというものは存在しません、何か他の事で感じているのではないでしょうか。
「正法眼蔵」を学んでいくと坐禅の大切さがよくわかりますよね。
坐禅をしていると「正法眼蔵」を読まずにはいられなくなります。
「正法眼蔵」を読むと坐禅をせずにいられません。

どうぞ毎日坐禅をしていることに自信をもって、これからもお互い励んでいきましょう。

599:Re:Re: 適当 by 匿名 on 2017/01/19 at 20:58:46 (コメント編集)

>坐禅は坐禅そのものであり行き詰まりというものは存在しません

お返事ありがとうございます。
自分自身が何か手応えのようなものを欲しているのだが、それが得られないという状態のことであります。

ここでの正法眼蔵、かなり読みやすくされてはいると思いますが、それでも読むのが難しいです。また、訪問させていただきます。よろしくどうぞ。

600:Re: Re:Re: 適当 by 幽村芳春 on 2017/01/20 at 15:01:13

こんにちは。
西嶋先生の「正法眼蔵」現代語訳は他の人の現代語訳に比べてわかりやすいと思いますが、それでも「正法眼蔵」は難しいですよね。このブログを書くことによって自分自身が勉強させていただいています。まだまだ「正法眼蔵」は続きます。西嶋先生の講義を聞いて一緒に勉強していきましょう。

※匿名さんは自宅で一人坐禅をしているのですか。

601:Re:Re: Re:Re: 適当 by 匿名 on 2017/01/20 at 21:44:17 (コメント編集)

>匿名さんは自宅で一人坐禅をしているのですか。

主にはお寺の坐禅会への参加ですが、自分の部屋でもやっております。今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅をしているという事は、足を組み、手を組み、背骨を伸ばして釈尊と同じ格好をして釈尊と同じ心境になっているという事でしかない。坐禅を中心にして、釈尊の思想が時代が変わり場所が変わっても、その場所、その時代に適応するような形でずっと伝わってきている。

FC2カウンタ-