トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 47

銘記せよ。三世諸仏(過去・現在・未来と言う永遠の時間の中で真実を得られた人々)のために、炎が説く教えを大地に立って聞いていればこそ、真実を得た人と言うことができるのである。この様な真実に関する教えを説く姿は、はたから想像して想像できるものではない。それは弓の名人の師匠と弓の名人の弟子とがお互いに弓を打ち合って、その矢と矢とが空中においてぶつかり合って止まってしまったという状態に他ならない。

※西嶋先生解説
そのことは、はたから想像してどうだこうだと理論を言っておられるものではないという事。我々の日常生活というものは、もっと真剣な、現実に何をやっておるかというだけの問題。はたから眺めて後から考えて「ああすればよかった」「こうすればよかった」「そのうちこうやります」「ああやります」というふうなのんきなものではない。

本文に戻ります。
炎と言うものは例外なしに、三世諸仏のために現実の説法をしているのであり、その説法を聞く三世諸仏自身が与えられた時間において、一所懸命真心を尽くして行動すると言う事に他ならないのであり、与えられた時間において一所懸命真心を尽くして行動するという事が、普通は花が咲かないとされているところの鉄の樹に花が咲き、その鉄の樹に花が咲いたことによって、この素晴らしい香りが世界に満ち溢れるという状況でもあるのである。

そこで他の言葉を言ってみるならば、炎のやっている説法を大地に立って拝聴している場合に、一体それによって何が生まれてくるのだろうか。それを言葉で表現してみるならば、仏道を学ぶ上での智慧が師匠よりも優れている場合もあるであろうし、さらに師匠も弟子もお互いの奥深い真実というものを学びあう事によって、初めて三世諸仏と言う事が出来るであろう。

※西嶋先生解説
ここで三世諸仏といっておっても、決して我々以外のことを言っているわけではない。仏道というのは常に我々自身の問題を説かれていると理解して間違いないと言えるわけであります。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
                            --つづき

先生
坐禅をしている時間が、一番安らかなありがたい時間でね。正法眼蔵「弁道話」で言われている安楽なるためにと言うのは、まさに文字通り安楽なんです。安楽な時間を持つ事が、次の活動の原動力でもあるわけです。だからそういう原動力になる時間を持たないで、次から次へと駆けずり回れば、どっかで体の調子がおかしくなって、お医者さんから「まあ病院で寝てください」と言われる。しかしそう言われないうちは、なかなか寝ないと言う事で人間の生活は動いているんだと思う。

睡眠時間以外にも休む時間は必要なわけです。眼が覚めているんだけれども、ものを考えない時間、刺激を受けない時間があるとさあどうしたらいいか、何をしたらいいかと言う事がはっきりして来る訳です。だからそういう時間がなしに次から次へと物事を考える、あるいは刺激を追っかけ回すという事でやっておれば何が何だかよくわからなくなって来る。何が何だかよくわからなくなっているのに、さらに頑張るからますますおかしくなってくる。時代そのものがそうだと思う。今、社会の全般が夢中になって努力している訳だけどもね。

ある会社の例にしても、非常に一所懸命努力して最善を尽くしたわけですよ。商売の上ではね。ただ最善を尽くし過ぎたから世間から、ちょっとやり過ぎだぞと言われているだけの事でね。こんなのは世間にいくらでもある事と知っているんだけれども、皆でいじめている訳だからいじめられる方は大変だけれどもね。それに、まあいじめれれるだけの酷さもあったんでしょうね。そういう点では、世の中なかなかうまくできているから。途中で止めておけばいいんだけれども、なかなか止められないところがあったのかも知れない。

この世の中はなかなか微妙にできていると思う。非常によくできていると思う。よく「この世の中は間違っている」なんて考える人がいるけれども、そう間違ってはいない。やっぱりやるべき事をやっているといい結果が出る。おかしな事をやっていると、うまくやったと思っていても世の中と言うものは実にうまく出来ているから、そのうち途轍もない所から悪い結果がポロッと出て来る。そうすると、非常に努力をして営々と積み重ねても、積み上げ方が悪いとすぐ崩れてしまうという問題があるわけですよね。だから、私はこの世の中は非常に結構な世の中だと思う。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
595:来年も楽しみに by せっせせっせ on 2016/12/31 at 22:01:27

本年も本日が最後の日となりました。
1日一話。
大変ご苦労様でした。
とにもかくにも、
私はこの「坐禅と暮らし」のブログを毎日楽しみにしていました。
来年もきっと毎日楽しみにしているはずです。
引き続きよろしくお願いいたします。

596:Re: 来年も楽しみに by 幽村芳春 on 2016/12/31 at 22:53:24

せっせせっせさん、コメントありがとうございます。

今年最後のブログも終わりました。
一年間読んでいただきありがとうございました。
明日からまた毎日更新していきたいと思っています。
楽しみにしていてくださいね。
よいお年をお迎えください。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

フリーエリア

ブログ名を「坐禅と暮らし」から 「正法眼蔵=坐禅」に変えました。

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

FC2カウンタ-