トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 43

玄沙師備禅師の言葉についてさらに道元禅師の注釈は続きます。

玄沙師備禅師の言葉の中では、炎が三世諸仏(永遠の時間の中で真実と一体になった人々)のために釈尊の教えを説き、その説かれる教えを三世諸仏が大地に立って謹んで拝聴していると表現されたけれども、その事が釈尊の教えを説いたと言う表現にはなっていないし、三世諸仏が釈尊の教えを説いているとも表現されていない。三世諸仏が説かれる釈尊の教えと全く同じ内容のものを、炎そのものが説くという事がどうしてあり得よう。

玄沙師備禅師が炎のことを三世諸仏のために説法していると表現しているけれども、その炎が偉大な釈尊の教えを説いていると言っているのかどうかという事を検討してみる必要がある。ここで玄沙師備禅師は、釈尊の教えを説いている時点ではないとか、釈尊の教えを説いているのではないとも言ってはいないけれども、自分(道元)が想像してみるに、釈尊の教えを説くと言う事が、言葉の上で釈尊の教えを説く事と同じだと理解しているのかどうか、この辺がかなり疑問の持たれるところである。

もし玄沙師備禅師がそのように現実の世界の動きと釈尊の教えを言葉で説く事とが同じだと理解しているならば、雪峰義存禅師の言われる言葉の理解について、かなり不十分な点があると言わざるを得ない。玄沙師備禅師は、炎が三世諸仏のために法を説いている時に、三世諸仏が大地に立って法を拝聴すると言う事情は分かっていたかもしれないけれども、炎が釈尊の教えを説いている時には、炎そのものが同じ様に地面に立って、炎の説法を拝聴していると言う事情を知らない。炎が釈尊の教えを説いている所で、同じ様に炎自体が釈尊の教えを説き、かつそれを聞いていると言う事情を言っていない。

※西嶋先生解説
炎が説法をし、それを三世諸仏が拝聴しているところまでは玄沙師備禅師禅師は理解しておられたけれども、ただ炎が炎のままそこに燃えておったという事情というものまでは理解しておらない。そのことはどういうことかというと、我々の住んでいる世界というのは説明の要らない世界。どういう世界がどうあるという風な説明は必要なくて、現にこのように現実の世界が目の前に展開されてをるという事を認識することが仏道。だから炎が炎のために説法しておるという事情が分かってこないと仏道がわからんという事をここでは説いておられるわけだ。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
私は最近、縁がありまして写経と言うものをやっておりましてね。「般若心経」を書いているんですが、あれはどんな意味があるんでしょうか。

先生
あれは、お習字でしょう。
  
質問
ただ、お習字だけでしょうか。
 
先生
ええ、お習字だと思います。

質問
自分の心願成就とか、そういう事に関係なく・・・。

先生
お経を書き写すと功徳があると経典には出ていますけれども、ごく平たく言えばお習字だと。それだけの功徳はありますわな。だから功徳がないとはいえないが、まあ一番中心的な実体はお習字だと思います。

質問
お経を読んでいる時、意味が分からないで読んでいるのはどういう・・・。

先生
お経は意味が分かるために読むというもんでね。意味が分からないで声を上げて読んでいるのは、昔からの習慣で朝課と称して必ずやりますけれどもね。宗教的な意味がどの程度あるかと言う事になると、はなはだ疑問だと思いますね。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-