トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 42

玄沙師備禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

ここで釈尊の教えを説く、釈尊の偉大な教えを説くと言われているけれども、この二つの言葉に何らかの差異はあるのかどうか。釈尊の教えを説くという場合に、この言葉の意味は必ずしも法を説くというだけの意味ではない。法を説くということは、聞き手があろうと聞き手がなかろうと行われるものである。他人のために説くだけが説法ではない。雪峰義存禅師の言われた言葉は、言うべき言葉を何らかの形で言いつくし得ていないという言葉ではない。

雪峰義存禅師の「火のように燃えあがって釈尊の教えを説いている」と言う言葉は詳細に学ぶべきであり、玄沙師備禅師の言われた言葉と混乱させてはならない。雪峰義存禅師の言葉の意味を理解するということは、真実を得られた方々がどんな行いをし、どんな姿を示すかという事を実践的に現実に学び取ることである。

その様な形で、現実の行動を通して炎のような形で燃えるという事は、三世諸仏(過去・現在・未来という永遠の時間の中で真実と一体になっている方々)が現にこの世に存在するという事を意味するのであって、我々が住んでいるたった一つの宇宙、あるいはそれ以外に宇宙があるとするならば、もう一つの宇宙というふうな限られた世界の全てという事だけではない。また逆に、きわめて小さな世界、広い世界がたとえいくつあろうと、そのすべてを極め尽くした以上の姿であり、それと同時に小さな世界がどのように小さくても、その小さい全ての世界に通達するというだけの問題ではない。

釈尊の偉大な教えを説くという事を考える場合に、大きいとか小さいとか、広いとか狭いとかという、数量的な考えを押し当てて問題を考えてはならない。釈尊の偉大な教えを説くという事は、自分のために説くとか人のために説くとかと言うふうな狭い立場の論議ではない。教えを説くとか教えを聴くとかというふうな狭い立場の事実ではない。それは真実そのものである。我々がこの世に生きているというのとまったく同じ状態である。



              ―西嶋先生の話―

我々がなぜ坐禅をやっているかと考えてみますと、一つは一度失った目をもう一回取り戻すと言うこと。我々は長年の習慣で片目をつぶしている場合が多い。片目をつぶしている場合とはどういうことかと言うと、一つには、何もないところに「何かがある、何かがある」と思い込む癖がある。お化けがいるとか、神様がいるとか、いろいろな考え方がある。この世の中にありもしないものを「何かありそうだ、何かありそうだ」と言ういろいろな教え方がある。

それからもう一つの片目の状態は、あるものをないと思い込んでしまう。たとえば、社会の恩、親の恩、国の恩とかそう言うものがある。「そんなものはありはしない、そんなものは勝手に人がつくったものだ」と言う考え方もある。ないものをハッキリ「ない」、あるものをハッキリ「ある」と見る事が出来るという事はわりあい大変な事。そういう眼をもう一度取り戻すと言うのが、坐禅をやる事の意味にもなろうかと思います。

人間として生きたいと言う気持ちがあるならば、目玉を二つ具える事は非常に大切。それはこの世の中でありもしないものを、あると思い込んで一生を送るとか、あるものをないと思い込んで一生を送ると言う事を避けると言う事。これは非常に簡単なようなことであるけれども大切な事。その事が出来るか、出来ないか、そういう両方の目を持って一生を生きたいと言う願いを持った人が仏道修行(坐禅)をやる。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
593:管理人のみ閲覧できます by on 2016/12/27 at 16:56:19

このコメントは管理人のみ閲覧できます

594:Re: ありがとうございました。 by 幽村芳春 on 2016/12/27 at 21:04:58

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

毎日ブログを読んでいただきありがとうございます。「西嶋先生にある人が質問したのコ-ナ-は先生が講義をした後には沢山の質問があり、その質問の中から私が選んでブログに書いています。西嶋先生は「坐禅をして正法眼蔵を読んでいればそれだけで立派な仏教徒だ」といつも言っていました。これからもこのブログを更新していきたいと思っています。一緒に仏道を勉強していきましょう。

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-