トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 35

この世の中には様々な問題があるけれども、その様々な問題がわからないままに一所懸命生きていく我々の日常生活そのものが「行仏威儀」である。たとへ実体がわかったと言う事で、きわめて生き生きとした状態で日常生活を送っている場合でも、その瞬間瞬間に与えられた問題に取り組んで一所懸命生きていく以外に生き方はない。

そこで哲学的な論議を取り上げてみるならば、この世の中は全く同質の統一体として捉えるべきであろうか。それともこの世の中は両断されて個々に動き廻っているミミズの頭の様に個別的に捉えるべきであろうか。全く同質の統一体として捉えた場合でも、それが長いとか短いというような相対的な立場で論ぜられるべきではない。また個々に動き回っている個別の物として捉えたとしても、主観だとか客観だとかというような相対的な立場で論ぜられるべきではない。

このような理屈ではない具体的な日常生活において、物事を行い与えられた瞬間に身を挺して努力する行動によって生まれる威風というものは、この宇宙の一切を包み込むだけの力を持っている。物事を行い与えられた瞬間に身を挺して努力する行動によって生まれるものの見方というものは、一つの時代の全ての人に勝る高い境地のものである。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
                          --つづき

質問
じゃ「正法眼蔵」に出てくる菩薩という場合には、今も先生が言われたように、よく道元禅師は必ず菩薩の境涯では「仏の境地は夢にも未だ見ざる在るなり」という事を言う。そうするとすべて菩薩は、そういう修行の段階であると理解して「正法眼蔵」を読んでいいわけですね。

先生
そうです。だから道元禅師の思想からすると、坐禅をやったことのない人に坐禅の境地は絶対想像できないという主張ですよ。だからここにおられる方は、たまたま非常な幸運に恵まれて坐禅をやることができるようになったわけで(笑)、これは人の一生においては途轍もない幸運。そういう境地というものはやったことのない人には決してわからん。どんなに百万冊の本を読んでみても坐禅をやらずに坐禅の境地というのは絶対にわからんというのが道元禅師の主張であり仏教の主張です。だからそういう点では、坐禅というものの意味を道元禅師は非常に強く理解しておられたという事が言えると思います。

坐禅に関連して最近感ずるのは、坐禅は人生における最高の楽しみだと。そんなことを言うと、「あいつ少し頭がおかしいんじゃないか」(笑)というふうに言われると思うけど、私は最近そういうことを強く感じる。世の中にはいろいろな楽しみはあるけれども、道具が必要とかという事、あるいは理屈がいるとか、身なりが要るとか、いろんなことがある。そういう余分なものを全部切り取って、人間の楽しみ、喜びというのは何かというものの一番最後の中心だけを残したのが坐禅だという感じが非常にする。

何もしないで、ものを考える必要もなしに、別に外界の刺激を受け入れる必要もないし、唯背骨を伸ばしてジ-ッと坐っていることの楽しみというのを最近は非常に強く感じるし、人生の楽しみの基本、中心というのは是だなという気がしてしょうがない。だから昔は酒を飲んだり、いろんな遊びをしたりしたけれども、今はそういう事がいかに儚いかという事を強く感じる。世間一般の遊びについては、余分なところばかりが目につく。遊びの一番の中心は坐禅に尽きると。

だからそういう楽しみが自分の中心に入ってくると、他の遊びで時間をつぶすという気持ちがしなくなってくると言う面がある。「そんなになっちゃ人間おしまいだな」という人がいるかも知らんけれども、(笑)やっとそこまで来たかという感じもするわけです。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-