トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 20

銘記せよ。仏道修行における実際の行動というものは、我々の日常生活において瞬間瞬間に生きたり死んだりしている実体そのものである。

生きるとか死ぬとかと言う事は、仏教を勉強していく人々のごく普通の道具である。日常生活の生き死にというものは、それを実際に実践する事によって、かけがえのない貴重なものとして日常生活に現実に存在する事となるのであり、その実体は明々白々として、誰にでもわかるところのものである。

そこで仏教界の真実を得られた方々は、この「生き死に」とは一体どういうものであるかと言う理解について、明々白々にその実情を承知している。それをどの様に使いこなしたらいいかと言う問題についても、十分にその実情を心得ている。この日常生活の実情がはっきりしていない場合には、誰がお前さんをお前さん自身だと言ってくれるだろうか。

※西嶋先生解説
――「あの人は偉い」「あの人はだめだ」というふうに「偉い」「だめだ」と言われたりすることよりも、もっと大切なことは、あなた方自身があなた方自身になっているという事、これが仏道のねらい。だからAの人はAの人になる。Bの人はBの人になる。自分自身が自分自身になるという事が仏道修行のねらい。――

我々の日常生活は、必ずしも生き死にの状態の中に沈没している性質のものではない。また自分自身が生き死にの生活の中に常に縛られているものでもない。生き死にの問題は現実の生活における否定する事の出来ない実体であるから、それを信じるとか信じないとかという問題でもないし、理解するとか理解しないとかの問題でもないし、それが解かったとか解からないという問題でもない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
「大切なのは自分自身になることだ」というのは、その時代、社会、生まれ育ちとかに制約されるというか、規定されていく面があると思いますし、同時に坐禅は、時代とか社会を乗り越えていく面もあるように思いますし、その点ではどういう風に考えたらいいのでしょうか。やっぱり戦前生まれの人と、戦後生まれの人という時代の違いは自分自身になっていくという場合に、どうしようもない形の差というものがあるのかないのか、道元禅師の文章を読みますと、時代とか社会の差をほとんど感じないような面もありますし、そこのところはどんなふう考えたら・・・。

先生
それは両方の意味を含んでいるとみていいと思います。その事はどういうことかというと、時代によって我々が受ける影響というもの、あるいは家庭の環境とか、あるいは住んでいる地方の影響の痕跡というか、これは除こうとして除き得るもんではないという風な非常に強固なものはあるという事。これは一つはっきり言えると思います。それと同時に時代に拘束されたもの、地域に拘束されたものだけかというと、時代を超えたもの、地域を超えたものもあると。だからその両方が混在しておるのが我々だという風に言えると思います。

仏道がどういうことを言われたかというと、これは、私はこういい譬喩を使うわけですが、優れたブロンズの像が泥にまみれて見る影もなく埋もれておった。それを掘り出したときに、泥があっちにもこっちにもついているので、それが優れた銅像かどうかもさっぱりわからん、ただ水をかけてきれいに洗っていたら泥が取れて行って、美しい銅像が出てきたという場合に、その銅像そのものは時代の背景、場所の背景も立派に受けているわけですね。ただそれ以外に泥とか垢のようなものがいっぱいくっついている。

だから我々がやり得る仏道修行というものは、時代の影響、地域的な影響をすべて否定する、抹殺するという事ではなくて、本来自分の持っている純粋なものを洗い出すという事。そのためには必要でない泥や垢がいっぱいついているから、それを洗い落としていくというのが仏道修行だと、そういう関係だと思います。

だからその点では、我々が時代の影響を受けている、家庭の影響を受けている、あるいは父親・母親からの影響を受けている。これはもう全く否定することのできない厳然たる事実。だからそういう事実も含めて、自分自身になるという事が仏道修行だとみていいと思います。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-