トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 14

また考え方を変えてみるならば、我々の住んでいる世界というものは、頭でものを考えようとすると、天と地とほどに実体と理想とは遠い距離に隔たってしまう。そういう世界であればこそ、実際に行動で現実に対処するならば、真実に至るという事は必ずしも難しくはない。真実を実践する事によって威風のある姿を具えているならば、真実と一体になって体もきわめてゆったりした状態に置かれると言う事を理解すべきである。

※西嶋先生解説  
――この辺の説明は、坐禅を頭において考えていかないと理解ができない。頭の中で考えて色々悩んでいれば、どうにも解決のつかない問題はいくらもある。ただ思い切って足を組み、手を組み、背骨を伸ばして、ジ-ッとしていれば悩みというものはどっかへ行ってしまう。「はて、何で悩んでいたか」と言う事にもならざるを得ない。実際に坐禅の姿をとったならば、悩みというものがどっかに行ってしまう。そして、きわめてゆったりとした体の状態がそこに残る。――

我々の人生は、生まれた時にも真実と一体であるし、死にゆく時にも真実と一体である。そして初めも正しい、終わりも正しいという人生の中において、珠玉を転がすように日常生活の行動を繰り返し威風のある姿を現実に示す事に他ならないのである。

この様な形で真実を得られた方々に具わる威風の一端をあらしめるものは、全宇宙であり全大地である(天地全体を我がものにすること)・一切の生き死にである(日常生活に徹すること)・無数の国土である(我々の住んでいる世界)・蓮華なり(蓮華にたとえられた素晴らしい世界)ということでもある。この様に表現したけれども、それらはほんの一つの表現に過ぎない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問 
坐禅をすれば、道徳とかを知らなくても悪い事をしないと・・・? 仏教には「戒」がありますね「十重戒禁」とか、そういう「戒」を守るべきだと言う慎みを全然持たなくても、立派な行動ができるものか、どうでしょうかねえ。

先生
それは出来ると言う事が仏道信仰です。それはどういう関係かと言いますと、これを私はよく牧場に譬えるのですが、戒律というのは牧場の外枠の柵です。だから戒律を犯す様ではどうも具合が悪いと言う事であると同時に、戒律の中で人間は自由自在に動けるものなんだ。自由自在に動いても「法」に従っている限り、決して柵を越えて外には出ないものだというのが仏道の信仰です。

そういう点では、戒律を守る、守らないという事は日常生活においては非常に大きな外枠です。だから、それを守る、守らんと言う事が問題ではなくて、戒律の内側で自由自在に行動すべきだと言うのが仏道の考え方です。戒律と言う様なことは最低限の大枠でしかない。道元禅師が「戒律を守ると言う事を仏道修行の目的にしてはならない」と言ったのはそういう事と関係がある。

質問
お言葉を返す様になりますが、道元禅師は坐禅をすれば「戒」はあまり考えなくてもいいと言われたかどうか。「戒」を知らないで、坐禅をやると確かに実行力はつきますよ。だから、それを悪い方、間違った方へとその実行力が行くような気がして・・・。「戒」を知らないで坐禅をしても、デタラメになるのではないかと。

先生
坐禅と戒律との関係はどう言うものかと言いますと、仏道修行の一番最初に戒律を受けなければならないと言う事。これは道元禅師の思想にはっきりあるわけです。そこで何を得るかと言うと一番大きな大枠を与えられると言う事。ご承知のように、道元禅師の受戒の作法は十六の戒律である。「三帰戒」「三聚浄戒」「十重禁戒」とこの十六の戒律だけに限定されている訳です。その事は、非常に大きな枠を与えられて、その枠の中で坐禅を中心にして自分の生活を規律せよと言うのが、道元禅師の思想だと見ていいと思います。
 
だから、OOさんの実生活のご体験からすると「戒律を一所懸命守ると言う事と坐禅を一所懸命やる事が一体だ」と言う事に。これはOOさんの生活の実情として、それはわかると思います。それはわかると思いますけれども、道元禅師がどちらに頼るという事を主張されたかと言うと「坐禅」。そうして道元禅師が考えられた事は、戒律を守ろうとしても守れるものではないと言う考え方。そういう弱い人間であるから坐禅に頼れと。

坐禅に頼る事によって、戒律は自然に犯さなくなると言うのが道元禅師の主張です。その点では、坐禅を優先するか、戒律を優先するかと言う事になりますと坐禅が優先する。坐禅を信じて坐禅に頼れ。そうすれば戒律と言うものを犯さなくなる状態は自然についてくる。これが道元禅師の思想だというふうに見ていいと思います。

質問
戒律を守る事によって、楽に坐禅ができると思いますがね。 やっぱり戒律をちゃんとしないと、坐禅もナカナカ難しくなってくるんじゃないかと言うふうに・・・ 。

先生
だから坐禅を一所懸命やる事で、自然に戒律が守られていくという事は確かにあります。

※私の独り言。
坐禅を一所懸命やる事で、自然に「戒律」が守られていくという事を信じて毎日坐禅をやっています。戒律を知っていても戒律を守ることは中々できません。                                  


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


      
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事していた愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

最近のコメント

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-