トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 行仏威儀 9

大鑑慧能禅師の言葉について道元禅師が注釈されます。

このようなところから考えてくると、「お前」と呼ばれた南嶽懐譲禅師も、理屈抜きに一所懸命毎日坐禅をしているから「仏」と呼ばれたのである。大鑑慧能禅師も理屈抜きに一所懸命毎日坐禅をしているから「仏」と呼ばれるに値するのである。このように考えてくると、この一所懸命日常生活をやっている手がニ本足が二本の生き物は、自分というレッテルを張ることもできないし、お前というレッテルを張ることもできない。そういうレッテルを張る事の出来ない何かが一所懸命毎日生活をしていると言う事が言える。

この様にレッテルの張れないものとして、現に自分自身の生活の中で生きている者が、自分と言う便宜上の名前をつける事のできる何かであり、行仏(行いを通して真実と一体になっている仏)に具わる威風はどういうことかと言えば、自分自身が自分らしく日常生活を生きている事であり、その事が真実を得られた沢山の方々の誰もが念願してこられたところである。その点では、大鑑慧能禅師だけの問題ではなしに、南嶽懐譲禅師についても、南嶽懐譲禅師らしく毎日を一所懸命生きていくという事が、真実を得られた沢山の方々の念願したところであり、それを「行仏威儀」と言うのである。

「自分もまた」と言われた大鑑慧能禅師は、その様な状態にあればこそ師匠として優れていたのであり、「お前もまた」と大鑑慧能禅師から言われた南嶽懐譲禅師も、その様な状態であったればこそ、弟子として優れた力量を持っていたと言われたのである。師匠も弟子もお互いに優れているのである。この様な大鑑慧能禅師、南嶽懐譲禅師の様に、実際の行動を通して仏道を実践していくと言う事が、行仏と言うもののきわめて優れた例に他ならない。



          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
坐禅が大事だという事は、はっきりわかます。行動が大事と言われますが、駄目な事をする行動も行動ですよね。駄目じゃない行動って坐禅の他に何があるんですか。

先生
坐禅から生まれる生き方、それを別の抽象的な言葉で言えば「法」に従った生き方と言う事でもある訳です。坐禅で何を勉強しているかと言えば「法」というものを勉強している。坐禅をやった結果「法」というものが身につく。その「法」に従って、寝たり、起きたり、ご飯を食べたり服を着たりと言う事のすべてが「行仏」と言うふうに見て差し支えない。だから単に坐禅だけでの問題ではない。同時に坐禅から得られた正しさというものが基準になっていると、そういう関係だと思います。

質問
そうしますと、坐禅をやっている時には完全な状態の行動であると。坐禅から出た行動は・・・。そこらが、聞いていてどうも気になって仕方がないんですがね。

先生
そこで人間に対する信仰とか、この世の中のでき具合に対する信仰と言うものが問題になってくる訳です。人間に対するものの考え方としても、人間は放っておいたらデタラメをやるか、人間は自然な形で静かにしていればデタラメはやらないかと言う、人間に対するものの考え方というものが、そこで問題になってくる訳です。
     
釈尊の説かれたのは「一切衆生悉有仏性」と言う思想からも推察が出来るように、我々人間は素直に自然に置いておけば、決して悪い事はしないものだと言う信仰があるわけです。ところが我々は、小さい時から色々と結構な智恵をたくさん教えられているから、悪い事を自由自在にする様な力量を身につけるわけです。だから、坐禅によってもう一度本来の姿に帰っていくならば、無理に悪い事をしようとしない限り、悪い事をするはずがないと、そういう考え方が仏教信仰の基礎にあるわけです。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

坐禅とは姿勢を正してきちんと坐ることである。 姿勢反射が働いて、交感神経と副交感神経とが同じになり、 考え過ぎからくる不満がなくなり、感じ過ぎからくる不安が消える。 実行力が生まれ、やりたいと思う事が直ぐできるようになり、 やりたくないと思う事はやめることが出来るようになる。 自分自身と宇宙とが一体となり最も幸福な人生を送ることが出来る。

FC2カウンタ-