トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 62

黄檗禅師が南泉禅師の寺の茶堂で坐禅をしていた。そこへ南泉禅師がやって来て黄檗禅師に質問した。

南泉禅師問う
身心の安定と正しい智慧との双方を同じように学ぶならば、疑いようのない状態で仏性(仏としての性質)が現われてくると経典には書かれている。この言葉の意味は一体どのようなものであろうか。

黄檗禅師言う
一日(二十四時間)の間、何ものにも頼らなければ初めからその状態が得られている。

※西嶋先生解説
――このことが仏教という思想を勉強していく上においてかなり大事なことであります。普通、宗教というと何か頼りになるものを見つけて、それに頼るというのが宗教だというふうに理解されておるわけでありますが、仏教では果たしてそういう頼るべきものがあるかどうかという問題を徹底的に考えておるわけであります。そしてそういう点では我々の日常生活というものは一所懸命に生きるしかないんだ、だから何か自分以外に頼るものがあって、それに頼るならば何とかなるという性質のものではないという思想があるわけであります。――

南泉禅師言う
いまお前さんは答えをしたけれども、実はその答えはお前さん自身の考えではないのかどうか。

黄檗禅師言う
さあ、どうでしょうか。

南泉禅師言う
今、お前さんが言ったその程度の理解の仕方では、食費とまで言わないにしても、わらじ銭(あちこちを旅して仏道修行をした事によってかかった費用)は誰かに返してもらう必要があるようだな。

黄檗禅師は何も答えずに、そのまま黙って坐っていた。


            
          ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
坐禅を組んでいる時は、無でなきゃいけないとよく言いますね。

先生
そう言う事じゃないんです。坐禅をしている時にいろんな考え方が出てくるんです。これが普通の人間のあり方なんです。考えようとして出てくる考え方ではなしに、考えまいとしていて出て来る考え方は、それぞれの人にとって、心の奥に押さえつけられていたものが外へ出て来るんです。だから、そういうものがすべて外に出てしまうと、気持ちが楽になってこの世の中が楽しくなると、こう言う事なんです。

坐禅の時にいろんな悩みが出て来る、いつの間にか気が付かないうちに考えていたなんて言う事は誰にでもあるんです。その事を決して気にする必要はないんです。そう言う状況がどんどん、どんどん続いていくと、心の中に押さえつけられていたものが、どんどん、どんどん外に出て行ってしまう。そうして本来の自分というものがそこに出て来る。そういうのが坐禅というものの意味です。だから、いろんな考え方が出て来るという事は気にする必要がない。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

フリーエリア

仏向上事の巻に入りました。 仏(真実を得た人)とは、真実を得た後もさらにその事を意識せず日々向上の努力を続けている生きた人間の事である。そしてこのように真実を得た後も日々向上に努力して行く人のことを仏向上人と言い、その様な努力の事態を仏向上ノ事と言う。道元禅師が諸先輩の言葉を引用しながら説かれます。

カテゴリ

FC2カウンタ-