トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 59

潙山霊祐禅師の言葉について道元禅師の注釈は続きます。

そこで自分(道元)は潙山霊祐禅師と百丈懐海禅師とのお二人に質問してみたい。確かに、仏性がありと主張しても誹謗になるし、仏性なしと主張しても誹謗になるという事は疑い様がないが、しかもなおとりあえず質問してみたい。一体あなた方は、仏性について十分に説明できたとお考えになるでしょうか、どうでしょうか。もし、仏性というものを説明する事ができたと言う事であるならば、その説明が具体的な現実として、はっきり出てくるはずであります。そしてまた、その説明ができたという事であるならば、それは真実を自分自身で聞いた事と同じ意味になるでありましょう。

また潙山霊祐禅師に対して申し上げたい。あなたは一切衆生無仏性(すべての衆生には仏性がない)と言い得たけれども、一切仏性無衆生(すべての仏性と衆生は別個のもの)と言う主張はされていない。また一切仏性無仏性(すべての仏性が仏性を保有するという関係)と言う事も主張されていない。まして、一切諸仏無仏性(すべての真実を得た沢山の方々は、仏性をこと新しく保有するという関係にはない)と言う主張はされておられない。夢においてさえ、その様な主張をされたと見るわけにはいかない。

この問題について論議があるならば論議をしてみよ。自分(道元)がその是非を検討してやろう。

※西嶋先生解説
ここでは、逆に「一切衆生無仏性」と言う言葉を出されて、前の塩官斎安禅師の主張をさらに一歩進めておられるわけです。だから全く反対の事を主張されて、混乱を招いていると言う事ではない。塩官斎安禅師の「一切衆生有仏性」と言う言葉をさらに一歩進めれば、潙山霊祐禅師の「一切衆生無仏性」と言う言葉になる。こういう説明をされているわけです。



           ―西嶋先生にある人が質問した―

質問
因果関係の事ですが「善い事をすれば幸せになれる、悪い事をすれば不幸になる」と言う事で、個人にかえって来ると言う事ですね。身体障害者や、精神障害者の人とか、自分が悪い事を別にしていなくても、そう言う状態に置かれたわけで、その辺の因果関係はどういうふうに考えればいいんですか。

先生
これは因果関係そのものです。ですから、因果関係は善悪の問題だけでないんです。医学の問題も心理学の問題も科学の問題も物理学の問題も、全部含めて因果関係となるわけです。この世の中の様々な結果と言うものは、原因のないものは一つもないと言う事です。世間では普通はそういうふうに考えない。運が悪いと不幸な結果が出てくる、運がいいと不幸な結果が出てこないと、こう言う考え方をするわけですけれども、そういう考え方を仏教ではとらないんです。すべてが、原因・結果の関係だと。だから、今日の不幸な状態についても、何らかの具体的な原因があると考えなくてはならない。幸福が得たいと思ったならば、幸福が得られるような原因を積み上げなくてはならないこう言う考え方になるわけです。

質問
そうすると、どうしてその様な不公平と言うのが・・・。

先生
というよりは、事実が現存するんです。だからその点では、たまたまそう大きな障害を持たない現在の自分がいると言う事だけであって、そのことについては非常にありがたいと思わなくてはならないけれども、その状態がいつまでも続くためには、それなりの注意が必要だと言う事になるわけです。いくら五体満足であっても交通事故を起こすならば、五体が満足でなくなる場合はいくらでもあり得るわけです。

そういう点では、この世の中の一切のものがそう言う因果関係によって拘束されていると言う事はかなり大切な事。だから交通規則を守る、守らないなんて事も非常に大事な事なんですよ。「赤信号みんなで渡れば怖くない」と言う考え方もありますが、これは間違いです。規則と言うのは、守ると言うところに意味があるわけです。一杯飲んで車を運転しておれば、それなりの結果が待ち構えているんですよ。


ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」戒名は幽村芳春。
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリ

フリーエリア

行持の巻に入りました。この言葉は「いまといふ道は、行持より先にあらず、行持現成するを、いまといふ」と示されているところから見ると、保持、持続という事の意味が、時間的継続と関係の薄いところは明らかであり、むしろ持とは宇宙秩序の保時、戒律の保持という意味が強いと解される。そこで行持とは梵行持戒、すなわち正常な行為と戒律の保持を省略した言葉と解される。

FC2カウンタ-