トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正法眼蔵 仏性 35

龍樹尊者の説話について説道元禅師が注釈されます。

我々の人生において様々な働きがあるけれども、その働きのすべてが、耳で聞こえ、目で見えるものだけではない。耳で聞こえないもの、目で見えない働きというものが日常生活の中にはいくらもある。したがって本当の意味での説法は、目で見える、耳に聞こえると言う形だけのものではない。龍樹尊者が過去に多くの場所で説法された回数は、ほとんど数え切れない程であり、今は仮にその一例を挙げたに過ぎない。

龍樹尊者が「お前方が仏性というものを現実に見たいと思うならば、まず第一に自分というものがあると錯覚して、その自分というものを大きく見せようとする考え方をやめる必要がある」と言われた。 この龍樹尊者の教えの基本的な考え方を、時間を無駄にする事なく一所懸命勉強してみる必要がある。 この場合にものの見方というものがないわけではない。ただ仏性が現れた場合の見方というのはどういうことかというと、我慢を除くという事である。頭の中で考えられた自分というものがなくなることである。

これが自分だと思いこんでいる自分というものにも実にたくさん種類があり、自分自身に対する慢心(うぬぼれ)にも実に多くの種類がある。しかし我々にはこれを取り除くだけの力も幸いにして与えられている。このように自分自身というものをよく見つめ、自分自身というものを十分に知り、それを取り除く方法をしっかりつかむという事が、いずれも仏性を現す、仏性を見ると言う事である。

この仏性を見るという場合の、「見る」はそう難しく考えることはない。普通に目でものを見るのと同じような形で仏性を見るというふうに理解して間違いないであろう。



          ―西嶋先生にある人が質問した―
   
質問
生まれながらにその人が持っている福運があるのかなと思って、私、ある時お坊さんにお聞きしましたら、「その方たちは前世にいい事をしているからだ」と言われますと、なんか、私、とてもバカバカしくて、信じられなくなっちゃうんですけれど。そういうものを道元禅師なんかはどの様に見ていらっしゃるんでしょうか。

先生
道元禅師もそういう点では、原因・結果の関係というものを非常に強く言われた。だけれども、その事は前世にどうこうと言う事ではなくて、やりようがよければ結果もいいし、やりようが悪ければ結果も悪い、と言う事を言われた。その事は、たとえば木曽川の川下りがありますよね。ああいう時に、船で船頭が長い棹を持って待ち構えてるわけですよね。そうして、岩が近づいて来ると、一番タイミングのいい時に棹を突き出して、岩を押して船の向きを変えて、また流れに乗って、岩にぶつからないで船を操って行くわけですね。

それを見ていると、あれがほんの一秒でも先に棹を突き出した場合には、船がおかしくなってしまう。そうかと言って、一秒遅れても、今度は船が岩にぶつかってしまうかもしれない。そうすると、ほんのもう一秒と違わないようなタイミングのよさで、岩を突いて、船を正しい方向に持って行っているわけですよね。人生は、あれと同じ様で非常に微妙な所があると感ぜざるを得ないところがあるんですね。だから調子がよくて、トントン拍子にいく人というのも、それなりの努力があり、それなりの正しい判断があって、そういう結果が出ていると言うしか考えられないんです。

たまたま努力なしに非常に調子のいい場合には、年限がたつと裏にでますね。だから自分の力でなしに調子のよかった場合には、しばらく経つと、今度は逆になるというケ-スが割合多い。それと同時に非常に力があって、一所懸命やっているんだけれども、どうも調子が悪いって言う人が、時間が経つと、前の苦労が完全に実って、今度は逆にプラスになると言う様な事が現実によくあると思います。だからそういう点では、徳川家康公じゃないけれども、「人生は糾える糸の如し」二本の糸がより合わさっているようなもので、禍と幸福とがちょうど互い違いに出てくる様なもんだと言う風な考え方は、人生問題を考える場合にはかなり当たっているのではないか。

私はやっぱり、因果関係と言うものは人生の一切を支配していると言う見方ですね。だから、不幸な時にも、コツコツ、コツコツと頑張っていれば、必ずいい事があるし、それから調子のいい時には、その調子のいいのをいつまでも続けようと思って、やっぱりまじめにやらざるを得ない。世の中を甘く考えて「まあこの程度ならやっても構わない」という事でやっていると、裏が出ると言う事、これはあると思いますね。

だから、何回も出して恐縮なんですが、政治家の事件なんてのはいい例ですよ。天下を取ったと思っていたら、裁判所のご厄介になると言うような事は、その天下の取り方に問題があったと言わざるを得ない。そういう点では世の中というものは、実にうまく出来ていると思う。だからもうコツコツ一所懸命やるしか手はないんだと言う事だと思う。


いつもご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


       
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

幽村芳春

Author:幽村芳春
ご訪問、ありがとうございます。
夫と二人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より
平成13年「授戒」を受け、
平成20年「嗣書」を授かりました。    

最近の記事

リンク

カテゴリ

最近のコメント

フリーエリア

恁麼(いんも)の巻に入りました。 恁麼とは、宋の時代の俗語で「あの」とか「あれ」という意味を表わす指示代名詞であり、用例によっては「なに」というような」疑問の意味を表わす場合もある。言葉で具体的に表現することの困難な何物かを指すところから、仏教が追い求めるところの心理を言い難き何物かという意味で、この恁麼という言葉で表現した。 コメントお待ちしています。

FC2カウンタ-